ホーム > 文化・スポーツ > 文化・芸術 > 多賀城創建1300年記念事業ことばのアートプロジェクト

  • たがはぴdays

ここから本文です。

更新日:2024年4月15日

多賀城創建1300年記念事業ことばのアートプロジェクト

ことばのアートプロジェクトとは

ことばは心を動かす、行動を促す、チカラをもたらす
ことばのアートプロジェクト

多賀城の創建を明らかにした多賀城碑に刻まれた「ことば」。そして、松尾芭蕉が多賀城碑に対面して感涙したことを『おくのほそ道』に記して伝えるのも「ことば」。古代から1300年の時を経た今、「ことば」に光を照らし、「ことば」に込められた思い、「ことば」が持つチカラを千年先の未来へと紡いでいく取組みとして「ことばのアートプロジェクト」を実施しています。
令和5年10月に俳句をテーマとした「ことばのシンポジウム」を実施し、令和6年1月から3月にかけて「多賀城碑」に刻まれた文字に着目したアート制作ワークショップ「版画とインスピレーション」を実施しました。

全国から「ことば」を募集しました【募集終了】

全国から以下のテーマで1~30文字程度のことばを募集しました。1月19日から2月19日まで募集し、全国からおよそ1300もの多くの「ことば」をご応募いただきました。

その中から、多賀城創建1300年サポーターの皆さんと一緒に100の「ことば」を厳選しました。応募いただいたことばが選ばれた皆さんには、順次、賞品(QUOカード1,000円分)を発送いたします。(4月中旬頃まで)

なお、選出のご連絡は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

募集テーマ

  1. あのとき伝えられなかった“あの人”への「ことば」
  2. 元気をもらった“あの人”からの「ことば」
  3. “あの人”への感謝の「ことば」

選出した「ことば」

wordlist

「ことば」でまちを素敵に飾ります!

「ことば」と笑顔があふれるまちに。

皆さんから応募いただいた作品の中から厳選した100作品をアート作品にして、まちを素敵に飾ります。

いろんなカタチで飾られた心温まる「ことば」たち。どんな人が、"だれ"を想った「ことば」でしょうか。想いを巡らせ、「ことば」を巡ると、少し温かい気持ちになれるかもしれません。

作品展示期間・会場

  • 期間 令和6年3月25日から同年5月8日まで ※屋外展示は6月24日までを予定
  • 会場 多賀城駅北ビルA棟(多賀城市立図書館)、市内道路など(フラッグ、柱巻き)を予定

 ※屋外展示の状態によっては、期間内でも予告なく撤去する場合があります。

kotobaplace

アクリルの俳句板の掲示

この秋、国宝に指定される見通しとなった「多賀城碑」の前で、令和5年9月に市内の中高生をはじめとする若者たちが感性豊かな俳句を詠みしたためました。

この度、これらの俳句を、東北生活文化大学高等学校のご協力により、「アクリルの俳句版」で表現していただき、多賀城碑の周りにアート作品として飾っています。

素材は、新型コロナウイルス感染症対策で使用されていたアクリル板を再利用しています。

これまで、コロナ禍にあって、人と人とのコミュニケーション、「ことば」を遮ってきたアクリル板が、多賀城碑の前で子どもたちが感じて表した「ことば」のアート作品として生まれ変わりました。

コロナ禍を乗り越えた子どもたちの「ことば」のアート、そのチカラを足を運んでご覧いただければと思います。

多賀城市在住の俳人高野ムツオ氏、タレントで令和の白ギャル「ゆうちゃみ」さんが詠んだ句も飾られているので、ぜひ足を運んで探してみてください。

俳句 俳句3

  • 期間 令和6年3月27日から(作品の状態によっては予告なく取り外す場合があります。)
  • 場所 重要文化財「多賀城碑」周辺
  • 令和5年9月に開催された俳句制作ワークショップについては、こちらのページをご覧ください。

掲示作品紹介

  • 虫の声 聞けばさりゆく 暑い夏
  • 顔上げれば 足元から鳴る 枯れ葉の音
  • 秋草を 蹴散らし奏でる 風の詩
  • 秋の空 照らされなびき 踊る葉っぱ
  • 秋風や さざ波聞こえる 草の海
  • 壺の碑に 秋風が吹く 涼やかに
  • 学問求め 集いし碑 秋の空
  • 壺の碑の 刻む歴史や 新松子
  • 壺碑は 残れど周りは 秋めいた
  • 時流れ 変わらず残る 碑と心
  • もみじの影 碑は 箱入り娘
  • 儚風 一羽鳥鳴く 秋の朝
  • 長い時間の いとなみ見守る 碑ともみじ
  • バッタがとぶ音 ハッパがかぜで ゆれるおと
  • 葉がゆれる 秋風のせいか 車のせいか
  • 秋風に ゆられるもみじ 壺の碑で
  • 風に触れ こもれび差しこむ 草紅葉
  • ふと気付く 周りを覆う 虫の声
  • 夏秋の 交わる風が 碑に届く
  • 芋煮会 いつも分かれる 味と肉
  • 初春に ギャルも行きたい 推しのまち(ゆうちゃみ 氏)
  • 秋風に 壺の碑 耳澄ます(高野ムツオ 氏)
  • 虫捕りの 網も壷の碑 目指し来る(高野ムツオ 氏)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画経営部市民文化創造課文化創造係

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-2084

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?