ホーム > くらし・手続き > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度) > マイナンバーカード(個人番号カード)

ここから本文です。

更新日:2020年1月17日

マイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバーカードの交付専用窓口開設のお知らせ

マイナンバーカードの交付専用窓口を2月に臨時開設します。

申請後、交付通知書(はがき)が届いた方は、ご利用ください。
マイナンバーカードの受け取りは、本人に限ります。

また、平日業務時間内は、いつでも受け取ることができます。

【臨時窓口開設日時】

土曜開設日・時間

2月29日(土曜日)9時~正午まで

夜間延長日・時間

2月12日(水曜日)、2月26日(水曜日)19時まで

開設窓口

市民課

必要な持ち物

1.交付通知書(はがき)または再通知書
2.本人確認書類(顔写真付き官公署発行の証明書1点:運転免許証、パスポートなど
・写真のない官公署発行の証明書はいずれか2点:健康保険証、医療費受給者証など)
3.通知カード(持っている方のみ)

4.印鑑登録証または市民カード(コンビニ交付で印鑑登録証明書の取得を希望する方)
5.住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード(持っている方のみ)
※15歳未満の方の受け取りは、本人と保護者の来庁と、両者の本人確認書類が必要です。

マイナンバーカードとは

マイナンバーカードは、プラスチック製のICチップ付カードで券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真などが表示されます。

本人確認のための身分証明書として利用できるほか、e-Taxなどの電子証明書を利用した電子申請などの様々なサービスにもご利用いただけます。

マイナンバーカード見本

個人番号カード

マイナンバーカードはこんなときに利用できます

  • マイナンバー(個人番号)の提示が必要な場面で、マイナンバー(個人番号)を証明する書類として利用できます。
  • 本人確認の際、顔写真付きの公的な身分証明書として利用できます。
  • コンビニエンスストアなどで各種証明書を取得できるコンビニ交付サービスが利用できます。

マイナンバーカードの申請(希望者のみ)

郵送で申請

  • マイナンバーカードの申請書に必要事項を記入の上、ご本人の顔写真を貼り、返信用封筒に入れて郵便ポストへ

※個人番号カード(マイナンバーカード)交付申請書の送付用封筒の差出有効期限が延長されました。

地方公共団体情報システム機構からのお知らせ

 平成27年10月から「通知カード」とともに発送された個人番号カード交付申請書の送付用封筒(返信用封筒)の差出有効期間が、平成29年10月4日とされていますが、令和4年5月31日まで切手を貼らずに、そのまま使用することができます。

交付申請書の送付用封筒を無くされた方は、下記サイトで封筒材料をダウンロードできます。

詳しくは、マイナンバーカード総合サイトをご覧ください。

スマートフォンから申請

  1. スマートフォンのカメラで顔写真を撮影
  2. スマートフォンのカメラで交付申請書のQRコードを読み取り、申請用WEBサイトにアクセスして、メールアドレスを登録
  3. 登録したメールアドレス宛に通知される申請者用の申請用WEBサイトにアクセス
  4. 画面の案内にしたがって、必要事項を入力し、顔写真を添付して送信

パソコンで申請

  1. デジタルカメラなどで顔写真を撮影して申請するパソコンに保存
  2. 申請用WEBサイトにアクセスし、メールアドレスを登録
  3. 登録したメールアドレス宛に通知される申請者用の申請WEBサイトにアクセス
  4. 画面の案内にしたがって、必要事項を入力し、顔写真を添付して送信

マイナンバーカードの受取

マイナンバーカードを交付する準備が整った方から順次、住民登録のある住所地に交付期間などをお知らせする個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書(はがき)をお送りしますので、必要な持ち物をご確認のうえ、市民課受付窓口にご本人がお越しください。

カード交付専用窓口で本人確認の上、暗証番号を設定していただくと、カードが受け取れます。

初回発行無料です。(再発行は手数料がかかります。)

マイナンバーカードの受取の際に必要な持ち物

  1. 個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書(受取期限の記載されたはがき)
  2. 通知カード(お持ちの方のみ)
  3. 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  4. 本人確認書類(下記の書類を参照)

詳しくは、1のハガキおよび「個人番号カード交付申請のご案内」などをご確認ください。

なお、マイナンバーカードの受け取りは本人に限ります。

[コンビニ交付で印鑑登録証明書の取得を希望する方]

「印鑑登録証」または「市民カード」(印鑑登録証の機能を追加設定している場合)も併せてお持ちください。

本人確認書類

顔写真付きの官公署発行の証明書はいずれか1点

運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真あり)、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳、療育手帳など

写真のない官公署発行の証明書はいずれか2点

健康保険証、年金手帳、写真無し住民基本台帳カード、医療受給者証や学生証など

受取時は、お忘れ物のないようご注意ください。

(マイナンバーカードは、皆さんのマイナンバーを証明したり、身分証明書に利用するなど大切なカードです。カードをお渡しするときは、上記の必要書類による、本人確認など厳格な手続きを行っています。必要書類が確認できない場合は、カードの交付をすることができませんのでご注意ください。)

交付窓口での暗証番号の設定

マイナンバーカードは大切なものですので、次の2つの暗証番号で管理しています。

  1. 数字4ケタの暗証番号
  2. 英数字6文字以上16文字以下の暗証番号

(暗証番号は、マイナンバーカードを受け取りに来られる前にあらかじめお考えください。)

マイナンバーカードの通知カードは受け取りましたか?

平成27年10月5日に、日本国内に住民票がある全住民にマイナンバーをお知らせするための「通知カード」の郵送がスタートしました。

多賀城市では、平成27年10月中旬以降、通知カードを皆さんの住民票の住所地に転送不要の簡易書留で発送しています。配達時に不在などの理由で受け取れず郵便局での保管期間を経過し、市に返戻された通知カードは、市民課窓口でお受け取りできます。

返戻された通知カードの廃棄について

市で保管中の返戻された通知カードのうち、受け取りのないまま市での保管期間を経過したものを廃棄いたしますのでご注意ください。

<令和元年8月20日(火曜日)までの保管後、8月末で廃棄となる通知カード>

平成27年10月から平成31年4月末日までに市に返戻されたもの

受け取りをされていない方は、本人確認書類をお持ちのうえ、市民課窓口でお受け取りください。

なお、受け取りは、本人または同一世帯の方に限ります。

今後の保管期間

返戻日から90日間保管し、その後順次廃棄します。

(例:令和元年5月31日市民課へ返戻→令和元年8月31日まで保管し、その後廃棄)

その他

保管期間を経過し廃棄となった後、通知カードの取得を希望する場合、再交付申請が必要となるほか、500円の手数料を負担していただくことになります。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民経済部市民課市民係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:141・142)

ファクス:022-368-1067

メールフォームからお問い合わせいただく場合、回答する上で内容の確認が必要となる場合がありますので、必ず連絡先、電話番号の入力をお願いします。
また、お客様のお問い合わせやご質問に、迅速かつ的確にお答えするため、開庁時間(8時30分~17時15分)にお電話可能な方は、恐れ入りますが直接電話にてお問い合わせくださいますようご協力をお願いします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?