ここから本文です。

更新日:2021年3月2日

日本脳炎

日本脳炎について

本脳炎とは日本脳炎ウイルスにより発生する疾病で、蚊を介して感染します。以前は子どもや高齢者に多くみられた病気です。突然の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、意識障害や麻痺などの神経系の障害を引き起こす病気で、後遺症を残すことや死に至ることもあります。

日本脳炎ワクチンの供給不足について

一般財団法人阪大微生物研究会(以下、「ビケン」)が製造販売する日本脳炎ワクチンについて、製造上の問題が生じたことから、その原因追及のため製造を一時停止した旨の報告があり、当面の間、日本脳炎ワクチンの供給量が大幅に減少するため、日本脳炎ワクチンの出荷量の調整が行われます。

このことから、供給が安定するまでの間は、4回接種のうち、1期の2回(1回目および2回目)の接種を優先して接種していただくようお願いします。ただし、定期接種として接種が受けられる年齢の上限が近づいている場合は、定期接種で受けられる年齢が過ぎないように、事前に医療機関に必ず確認して接種を行ってください。

そのため、令和3年度に9歳になり2期の接種を予定されている方は、原則として供給再開後に接種していただきますよう御理解・御協力をお願いいたします。なお、該当する方への個別通知(予診票の送付)は、令和3年度末に繰り下げて送付する予定です。

また、既にビケンは、日本脳炎ワクチンの製造を再開していますが、そのワクチンの供給再開は令和3年秋頃となる見込みです。現在流通している製品ならびに今後医療機関へ供給する製品については、品質に関する問題はないとのことです。

定期接種対象者および標準的な接種方法

標準的なスケジュール

第1期・第2期 対象年齢 回数 標準接種年齢
第1期 初回 生後6か月から7歳半未満 2回(1週間以上、標準的には4週間までの間隔をおいて) 3歳
追加 生後6か月から7歳半未満 1回(初回2回目終了後6か月以上、標準的にはおおむね1年あけて) 4歳
第2期 9歳から13歳未満 1回

9歳

第1期に初回、追加合わせて3回、第2期に1回と合計4回の接種が必要です。

特例対象者について

日本脳炎の予防接種は、接種後の重い副反応などの事例の発生により、平成17年(2005年)度から平成21年(2009年)度まで積極的勧奨が差し控えられていました。その後、新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通りに接種できるようになっています。そのため、接種機会を逃した人への接種機会の確保のため、特例対象者が拡大されています。

特例対象者(1)

平成7年(1995年)4月2日~平成19年(2007年)4月1日生まれの人
※20歳になる前日まで定期接種として接種可能

残り回数 第1期・第2期 接種間隔・回数
平成23年(2011年)5月20日時点で
4回残っている人
(全く接種を受けていない人)
第1期 初回 2回(1週間以上、標準的には4週間までの間隔をおいて)
追加 1回(初回2回目終了後6か月以上、標準的にはおおむね1年あけて)
第2期 1回(第1期終了後、1週間以上の間隔をおいて)
平成23年(2011年)5月20日時点で
3回残っている人
(第1期初回1回目が接種済み)
第1期 初回 残り1回
追加 1回(初回接種後、1週間以上の間隔をおいて)
第2期 1回(第1期終了後、1週間以上の間隔をおいて)
平成23年(2011年)5月20日時点で
2回残っている人
(第1期初回2回目まで接種済み)
第1期 追加 1回
第2期 1回(第1期終了後、1週間以上の間隔をおいて)
平成23年(2011年)5月20日時点で
1回残っている人
(第1期初回追加まで接種済み)
第2期

1回

 

特例対象者(2)

平成19年(2007年)4月2日から平成21年(2009年)10月1日生まれの人
※第1期の未接種分を第2期の対象年齢時(9歳から13歳未満)に定期接種として接種可能

残り回数 第1期・第2期 接種間隔・回数
平成22年(2010年)3月31日時点で
4回残っている人
(全く接種を受けていない人)
第1期 初回 2回(1週間以上、標準的には4週間までの間隔をおいて)
追加 1回(初回2回目終了後6か月以上、標準的にはおおむね1年あけて)
第2期 1回(第1期終了後、1週間以上の間隔をおいて)
平成22年(2010年)3月31日時点で
3回残っている人
(第1期初回1回目が接種済み)
第1期 初回 残り1回
追加 1回(初回接種後、1週間以上の間隔をおいて)
第2期 1回(第1期終了後、1週間以上の間隔をおいて)
平成22年(2010年)3月31日時点で
2回残っている人
(第1期初回2回目まで接種済み)
第1期 追加 1回
第2期 1回(第1期終了後、1週間以上の間隔をおいて)
平成22年(2010年)3月31日時点で
1回残っている人
(第1期初回追加まで接種済み)
第2期

1回

留意事項

  • 希望される方は予防接種手帳に綴じ込まれている予診票を使って接種しましょう。
  • 転入や紛失などで予診票がお手元にない方は再発行できますので、健康課親子保健係の窓口へ母子健康手帳をお持ちになり手続きをして下さい。
  • 既に発行された予診票については、そのままお使いになることができます。

生まれた年ごとの具体的な影響と対応

細については厚生労働省「日本脳炎の予防接種についてのご案内」をご覧ください。

第3期予防接種の廃止について

成17年7月29日の予防接種法施行令の一部改正により、14歳~16歳未満を対象に定期に実施していた日本脳炎の第3期予防接種は、平成17年7月29日をもって終了しました。

 

よくある質問

お問い合わせ

保健福祉部健康課乳幼児保健係

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:617・618)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?