ホーム > くらし・手続き > 消費生活 > 消費生活に関する情報 > 「電力自由化をめぐるトラブル」についての相談が寄せられています

ここから本文です。

更新日:2022年7月21日

「電力自由化をめぐるトラブル」についての相談が寄せられています

  • 検針票を見せ、電気料金が安くなると言われて契約を切り替えたが、実際は従前の2倍の金額になった
  • 市場連動型プランとの説明を受けておらず、電気料金が高額になった
  • 以前契約していた事業者から高額な請求がきた

などの相談が寄せられています。

アドバイス

  • 勧誘してきた会社と新たに契約する会社の社名や連絡先、契約条件をよく確認しましょう
  • 契約している電力会社から契約内容の変更の案内を受け取った場合には、変更内容をよく確認しましょう
  • 契約している会社が事業撤退する場合でもすぐには電気は止まりませんが、お早めに電力会社の切替手続を行ってください
  • 電力会社の切り替えは、新たに契約する電力会社に電話などで申込みをすることで手続が完了します
  • 電力ス会社へ電話がつながらない場合でも、慌てず対応しましょう
  • 困った場合にはすぐに相談しましょう

消費者ホットライン「188(いやや!)」番

寄りの市町村や都道府県の消費生活センターなどをご案内する全国共通の3桁の電話番号です。

経済産業省電力・ガス取引監視等委員会の相談窓口(03-3501-5725)

よくある質問

お問い合わせ

総務部地域コミュニティ課広報広聴係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(代表)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?