ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 介護保険制度 > 介護サービスを利用した時の負担割合

ここから本文です。

更新日:2018年11月2日

介護サービスを利用した時の負担割合

介護保険のサービスを利用する際の利用者負担

介護保険のサービスを利用する際には、利用者負担があります。その割合は、年齢・所得などの状況により1割または2割となります(平成30年8月以降は1割から3割となります)。利用者負担の割合を確認するために、要介護・要支援の認定を受けている方には、介護保険負担割合証を交付しています。

負担割合の判定の流れ

負担割合の判定の基準については、以下のとおりとなります。

1割負担となる方

  • 第2号被保険者(40歳以上64歳以下)
  • 住民税非課税の方
  • 生活保護を受給されている方
  • 本人の合計所得が160万円未満の方
  • 本人の合計所得が160万円以上で、年金収入+その他の合計所得金額が、同一世帯に本人を含めて65歳以上の方が1人の場合280万円未満、2人以上いる場合346万円未満の方

2割負担となる方

  • 下記の両方に当てはまる方
  1. 本人の合計所得金額が160万円以上の方
  2. 年金収入+その他の合計所得金額が、同一世帯に本人を含めて65歳以上の方が1人の場合280万円以上、2人以上いる場合346万円以上の方

3割負担となる方(平成30年8月以降)

  • 下記の両方に当てはまる方
  1. 本人の合計所得金額が220万円以上の方
  2. 年金収入+その他の合計所得金額が、同一世帯に本人を含めて65歳以上の方が1人の場合340万円以上、2人以上いる場合463万円以上の方

負担割合の確認方法

下の図のとおり、介護保険負担割合証をご確認ください。

負担割合証の見本

介護保険サービスを利用する際には

介護保険被保険者証と負担割合証を2枚一緒に介護サービス事業者施設の窓口に提出してください。

よくある質問

お問い合わせ

保健福祉部介護福祉課介護保険係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:661~663、667)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?