ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 介護保険制度 > 交通事故など(第三者行為)により介護保険サービスを受けるとき

ここから本文です。

更新日:2018年12月11日

交通事故など(第三者行為)により介護保険サービスを受けるとき

交通事故などが原因で介護保険サービスを受けるときは、市への届け出が必要となります。

介護保険の被保険者の方は、交通事故などの第三者行為によって状況が悪化した場合でも介護保険サービスを受けることができます。

ただし、介護保険サービスにかかった費用は、加害者が負担するのが原則ですが、市が一時的にその費用を立て替え、あとで加害者に請求することになります。

市が支払った費用が第三者行為によるものかを把握するため、介護保険の第1号被保険者(65歳以上)の方が第三者行為によって介護保険のサービスを利用する場合は、市への届け出が義務付けられていますので、必要書類の提出をお願いします。

【示談について】

市へ届ける前に、第三者(加害者)から介護費を受領したり、示談を済ませてしまいますと、後日、市から第三者に請求する際に不都合が生じる場合があります。

【必要書類】

提出が必要な書類 様式 記載例 備考欄
第三者行為による被害届

様式(PDF:43KB)

記載例(PDF:63KB)

 
念書

様式(PDF:266KB)

記載例(PDF:275KB)

 
誓約書

様式(PDF:182KB)

記載例(PDF:196KB)

 
第三者行為基本調査書

様式(PDF:160KB)

記載例(PDF:172KB)

 
交通事故証明書

様式(PDF:962KB)

記載例(PDF:979KB)

交通事故証明書が物損事故となっている場合は、併せて「人身事故証明書入手不能理由書」を添付してください。

事故発生状況報告書

様式(PDF:135KB)

記載例(PDF:160KB)

 
示談書の写し(すでに示談書が作成されている場合)

 

 

 

様式と記載例を一括でダウンロードされる場合はこちらをご利用ください。

その他

  • すでに医療保険(国民健康保険など)で書類を提出している場合には、提出書類を省略できることがありますので、事前に介護福祉課(022-368-1141線662)までご相談ください。
  • 書類が提出された後、第三者(加害者・損害保険会社など)と多賀城市から委託された宮城県国民健康保険団体連合会が損害賠償の交渉を行います。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部介護福祉課介護保険係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:661~663、667)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?