ホーム > 健康・福祉 > 健康づくり > 食育 > 多賀城市食育リーフレット「たがじょう食堂」

ここから本文です。

更新日:2022年12月1日

多賀城市食育リーフレット「たがじょう食堂」

「たがじょう食堂」は、市の管理栄養士が栄養バランスを考慮したレシピを作成し、さまざまな食育情報と合わせて掲載しているレシピ集です。毎年テーマごとに健康づくりにつながるレシピを掲載しています!今年度のテーマは昨年度に引き続き「おいしく減塩メニュー」です。

No.34「おいしく減塩メニュー」

野菜たっぷりで寒い季節にもおすすめのレシピです。小さなお子さんから大人まで楽しめるメニューです。

掲載レシピ

  • 古代米入り麦ごはん
  • さつまいものシュクメルリ
  • ひじきの洋風サラダ
  • 紅白寒天~季節のフルーツ添え~

tagajyousyokudo34

たがじょう食堂No34(PDF:477KB)

No.33「おいしく減塩メニュー」

減塩の工夫のひとつに、カリウムをとりナトリウム(食塩)を尿から排出する働きを活用した「ナトカリ」という考え方があります。このレシピでは、一日のカリウム目標量の半分以上とることができます。ただし、腎機能が低下した方の中には、医師からカリウム制限がある場合がありますので医師の指示に従ってください。

掲載レシピ

  • 古代米入り麦ごはん
  • 鶏ささみのぷちぷちごま焼き
  • 切り干し大根のカレー炒め煮
  • プルーン入り黒糖寒天

tagajosyokudou33.1

たがじょう食堂No33(PDF:723KB)

No.32「おいしく減塩メニュー」

麺類にも食塩が含まれますが、茹でる前のスパゲティには食塩は含まれていません。しかし、茹でるときの食塩や麺に味を付けるときに塩分が多くなります。食べる頻度に注意しながらおいしく減塩しましょう。

掲載レシピ

  • イワシ缶と仙台雪菜のパスタ
  • ごぼうとひじきのサラダ
  • とろろ昆布スープ

tagajyousyokudo32

たがじょう食堂No32(PDF:489KB)

No.31「おいしく減塩メニュー」

味付きごはんや漬物、練り製品などの加工品には、塩分が多く含まれています。減塩食品を活用しながらおいしく減塩を続けるコツを掲載しています。

掲載レシピ

  • 古代米入り麦ごはん
  • ブロッコリーと鶏肉のガリバタ炒め
  • 人参とえのきのナムル
  • 茶碗蒸し風スープ
  • バナナ寒天

tagajosyokudo31

たがじょう食堂No31(PDF:1,679KB)

No.30「おいしく減塩メニュー」

減塩調味料を活用したバランスのよいレシピを紹介しています。

掲載レシピ

  • 古代米入り麦ごはん
  • ふわふわ鶏つくね
  • パプリカときのこのマリネ
  • なめことオクラのみぞれスープ
  • 豆腐のパンナコッタ

tagajosyokudou30-2

たがじょう食堂No30(PDF:493KB)

No.29「おいしく減塩メニュー」

高血圧予防には色々な方法があり、食事のポイントや運動やお酒のことなどのポイントをイラストで解説しながら、おいしい減塩メニューを紹介しています。

掲載レシピ

  • 古代米入り麦ごはん
  • 鮭と野菜のみそバター炒め
  • きゅうりとハムのサラダ
  • かぼちゃの豆乳スープ

tagajosyokudo29

たがじょう食堂No29(PDF:563KB)

No.28「おいしく減塩メニュー」

高血圧の原因は、遺伝や生活習慣(食塩の摂りすぎや運動不足など)の他、肥満や精神的なストレスがあげられます。そこで、改善策として第一にあがるのが「減塩」です。なぜ食塩の摂りすぎが高血圧につながるのか分かりやすくイラストで解説しながら、おいしい減塩メニューを紹介しています。

掲載レシピ

  • 古代米入り麦ごはん
  • 厚揚げのしゃっきっと南蛮漬け
  • 山形風だし
  • トマトとえのきのスープ

tagajosyokudo28

たがじょう食堂No28(PDF:448KB)

No.27「おいしく減塩メニュー」

高血圧と言われる基準値が2019年に見直されました。さらに、2020年4月には厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)がスタート!食塩の目標量も見直され、男女とも5年前より0.5グラム減り、一日の目標量は、男性7.5グラム未満、女性6.5グラム未満とされました。

掲載レシピ

  • 古代米入り麦ごはん
  • 揚げないチキンカツ~梅しそ風味~
  • 三色野菜塩昆布和え
  • 押し麦と生姜のスープ
  • 大人のところてん

tagajosyokudo27

たがじょう食堂No27(PDF:518KB)

No.26「減塩食品を活用しましょう!」

尿病予防を含め、健康な食事を意識すると、野菜の摂取量はとても大切ですが、野菜の摂取量と食塩の摂取量は比例の関係があると言われています。
回は、日本高血圧学会が推奨する「減塩食品リスト」に掲載されている調味料、食品を使い、おいしく手軽ににできる減塩ついてご紹介します。
塩食品リストについて、詳しくは日本高血圧学会のホームページ(外部サイトへリンク)で確認できます。

掲載レシピ

  • 巻かない中華風ロールキャベツ
  • ほうれん草のわさびのり和え
  • シャキッとさっぱり酢ープ
  • さわやかりんご酢寒天

no26
TKGキッチンNo26のリーフレット(PDF:1,983KB)

No.25「食物繊維マスターになろう!」

尿病予防には、1日25~29gの食物繊維をとることが必要と言われていますが、日本人は元々不足しがちであることが分かっています。
こで、今回は、食物繊維を日常生活の中でとるコツや種類と働きなどを掲載しています。
回に引き続き、食物繊維を意識した夏野菜レシピをご紹介します!

掲載レシピ

  • さば缶の和風トマト煮込み
  • こんにゃくの中華サラダ
  • 豆乳きなこプリン

表紙25

TKGキッチンNo25のリーフレット(PDF:742KB)

No.24「高血糖予防にベジファースト」

ジファーストとは、海藻などの食物繊維が豊富な食材を先に食べ、たんぱく質や糖質をその後に食べる食事法のことを言い、食後血糖値の急激な上昇を予防することができます。
簡単に作れてお財布にも優しい食物繊維たっぷりのレシピをご紹介します!

掲載レシピ

  • ドライカレー
  • おからのサラダ
  • コーヒー寒天

表紙24

TKGキッチンNo24のリーフレット(PDF:3,333KB)

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康長寿課保健予防係

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(代表)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?