ホーム > 健康・福祉 > 各種予防接種 > 成人男性における風しんの抗体検査および風しん第5期定期予防接種

ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

成人男性における風しんの抗体検査および風しん第5期定期予防接種

30代から50代の男性を中心に風しんの患者数が増加しています。

平成30年7月以降、風しんの抗体保有率の低い30代から50代の男性を中心に風しんの患者数が増加しています。

風しんは感染力が強く、妊娠中の女性が風しんに感染すると、子どもに目や耳などの障害を含む先天性風しん症候群が生じる可能性があるため、特に注意が必要です。

厚生労働省は、風しんの発生およびまん延を予防するために、風しんに係る公的接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性に対し、無料で風しん抗体検査および予防接種(風しん第5期定期予防接種)を行うこととしました。この対策の実施期間は令和4年3月31日までの3年間で、今年度で終了します。あなた自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守るために風しんの抗体検査と予防接種を受けましょう!

対象者

多賀城市に住所を有する昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

クーポン券発送時期

対象の方には以下の日程で、クーポン券を発送しています。

対象者 送付時期
昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた方 令和元年6月頃
昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までに生まれた方

令和2年3月頃

紛失・転入などにより、クーポン券の再交付をご希望の方は申請書(PDF:33KB)をご記入の上、市役所窓口に提出または郵送でお申し込みください。

また、多賀城市から転出した場合は、クーポン券を使用できなくなります。転出先のクーポン券が必要となりますので、転出先の市区町村にお問い合わせください。

実施期間

令和4年3月31日まで

(あなた自身と周りの人を守るため、早めに受診しましょう。)

実施方法

1.抗体検査

クーポン券、本人確認書類(マイナンバーカードや免許証など)を持参し、抗体検査を受けます。
事業所健診や特定健診の会場で抗体検査を受けることができる場合がありますので、確認してください。

2.予防接種

「抗体なし」の方は、クーポン券、本人確認書類(マイナンバーカードや免許証など)、抗体検査結果通知を持参し予防接種を受けましょう。

予防接種は、麻しん・風しん混合ワクチンを使用します。

実施医療機関については、「風しんの抗体検査および予防接種実施医療機関一覧(PDF:242KB)」を確認の上、必ず予約を取ってから受診してください。なお、塩釜管外の受診を希望する場合は、厚生労働省風しんの追加的対策について(外部サイトへリンク)をご確認ください。

予防接種は、当日の体調や基礎疾患などで受けられない可能性もあります。また、接種後、アナフィラキシー、血小板減少性紫斑病、脳炎、およびけいれんなどの副反応が発生する恐れもありますので、必ず医師と相談してください。

費用

無料

その他

妊娠を希望する女性とその同居人および妊娠している女性の同居人を対象とする助成については、成人風しん予防接種費用助成(別ウィンドウで開きます)をご確認ください。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康課成人保健係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:611~613)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?