ホーム > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 新型コロナウイルス感染症の影響による減収を理由とする国民年金保険料の免除・猶予手続

ここから本文です。

更新日:2021年6月11日

新型コロナウイルス感染症の影響による減収を理由とする国民年金保険料の免除・猶予手続

令和2年5月1日から、新型コロナウイルス感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などが生じて所得が相当程度まで下がった場合は、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた手続きにより、国民年金保険料免除申請が可能になりました。

保険料を未納のままにしておくと、将来の「老齢基礎年金」や、障害・死亡といった不測の事態が生じたときの「障害基礎年金」・「遺族基礎年金」を受け取ることができないことにもつながりますので、新型コロナウイルス感染症の影響による減収を理由とした国民年金保険料の免除等を希望される方は、申請書をご提出ください。

免除・納付猶予(学生の場合は学生納付特例)の臨時特例要件

臨時特例による国民年金保険料の免除・猶予および学生納付特例申請は、以下の(1)および(2)いずれにも該当すること。

(1)令和2年2月以降に、新型コロナウイルスの感染症の影響により収入が減少したこと
(2)令和2年2月以降の所得等の状況から見て、当年中の所得の見込みが、現行の国民年金保険料の免除等に該当する水準になることが見込まれること

対象期間

免除・納付猶予の臨時特例措置

  • 令和2年2月から令和2年6月分まで(令和元年度分)
  • 令和2年7月から令和3年6月分まで(令和2年度分)
  • 令和3年7月から令和4年6月分まで(令和3年度分)

学生納付特例の臨時特例措置

  • 令和2年2月分から令和2年3月分まで(令和元年度分)
  • 令和2年4月分から令和3年3月分まで(令和2年度分)
  • 令和3年4月分から令和4年3月分まで(令和3年度分)

受付開始日

令和2年5月1日(金曜日)

※令和3年度分の免除・納付猶予申請の受付開始日は令和3年7月1日からです。

申請書・添付書類等

詳細は、日本年金機構ホームページをご覧ください。

新型コロナウィルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除(日本年金機構ホームページ)(外部サイトへリンク)

免除・納付猶予された期間の将来の受給年金額

老齢基礎年金の年金額を計算するときに、保険料免除・納付猶予の承認を受けた期間がある場合は、保険料を全額納付した場合と比べて年金額が低額となります。

詳細は、日本年金機構ホームページをご覧ください。

保険料免除・納付猶予された期間の年金額(日本年金機構ホームページ)(外部サイトへリンク)

国民年金保険料の追納について

免除・納付猶予(学生の場合は学生納付特例)は10年以内であれば、後から追納して老齢基礎年金の受給額を満額に近づけることが可能です。ただし、保険料免除・納付猶予を受けた期間の翌年度から起算して3年度目以降は、当時の保険料に一定の金額が加算されます。なお、追納した場合のその期間は「納付」期間として取り扱います。

詳細は、日本年金機構ホームページをご覧ください。

国民年金保険料の追納制度(日本年金機構ホームページ)(外部サイトへリンク)

提出先・問い合わせ等

仙台東年金事務所(日本年金機構ホームページ)(外部サイトへリンク)

〒983-8558

宮城県仙台市宮城野区宮城野3-4-1

電話番号:022-257-6111

 

保健福祉部国保年金課国保年金係

〒985-8531

宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:124~127)

郵送による手続きのお願い

新型コロナウイルス感染防止の観点から、できるだけ郵送での手続きにご協力願います。郵送での手続きを希望される方は、仙台東年金事務所または国保年金課までご相談ください。なお、免除・納付猶予申請書、所得の申立書等は、日本年金機構ホームページ(外部サイトへリンク)からダウンロードできます。

よくある質問

お問い合わせ

保健福祉部国保年金課国保年金係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:124~127)

ファクス:022-368-1747

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?