ここから本文です。

更新日:2021年10月6日

下水道のお知らせ

悪質な訪問者にご注意ください

「市からの依頼です」などの電話や訪問による下水道の点検、清掃、修理などを行い、法外な金額を請求する詐欺が増加しています。契約書に住所や名前を自署(記入)すると印鑑を押していなくても契約したことになります。「おかしい」と思ったら、すぐに施設整備課までお問い合わせください。

排水管高圧洗浄キャンペーン」のチラシについて

市内のご家庭を対象とした「排水管高圧洗浄キャンペーン」のチラシが配布され、市民の皆様から問い合わせを複数いただいております。

  • チラシの内容と注意点

チラシには「地域一斉工事」など公共事業による工事であることを思わせる内容や、格安料金で実施できるといったことが書かれています。しかし、チラシに格安な表示があっても、よく読むと下の方に小さな文字で「1箇所○○円」などの注意書きが記載されている場合もあり、実際に洗浄を行うと高額な請求になる可能性がありますので、チラシの内容は隅々まで確認するようお願いいたします。

 

チラシは、一事業者の営業案内であり、多賀城市が業者に委託して、各家庭内の排水管の点検・清掃を行うことは一切ありませんし、多賀城市とは一切関係がありません。

 

点検や清掃などの必要性については、個人の判断でお願いいたします。

なお、排水設備は台所などから廃油を流さないなど、下水道を正しくご使用いただければ通常は詰まりなどの心配はありません。もし流れが悪かったり、極端に汚れて詰まりが発生した時は、ご自宅の排水設備工事を行った指定工事店にご相談ください。チラシや戸別訪問の清掃業者に依頼される場合でも、必ず清掃の内容、金額などの説明を受けてください。またご家族などの周囲の方へ相談するなど、簡単に判断せず十分に検討の上、ご判断ください。

ご不明な点がありましたら下記までお問合せください。

上下水道部施設整備課給排水係(内線725~728)

9月10日は「下水道の日」

「下水道の日」は、昭和36年、下水道の全国的な普及の必要性をアピールするため、「全国下水道促進デー」として定められたことから始まりました。その後、平成13年に、より親しみあるものとして、「下水道の日」と名称が変更されました。

また、「下水道の日」が9月10日に定められたのは、下水道の大きな役割の一つである「雨水の排除」の観点から、台風シーズンといわれる「立春から数えて210日」を過ぎた220日目が適当であるとされたためです。

排水設備工事責任技術者試験および更新講習

(令和3年度の手続きは終了しました。)

排水設備の責任技術者の資格をとろうと考えている方、またはその資格が今年度に有効期限を迎える方に一般財団法人宮城県下水道公社から通知がありましたのでご確認ください。

通知文(Word:18KB)

よくある質問

お問い合わせ

上下水道部施設整備課給排水係

宮城県多賀城市中央二丁目25番7号

電話番号:022-368-1141(内線:725~728)

ファクス:022-368-3125

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?