ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

貯水槽水道

貯水槽を設置している皆さまへ

マンションや寮、施設などの貯水槽、高架水槽は、所有者が責任を持って管理することが義務づけられています。貯水槽は所有者の財産であり、また受水者へ安全な水を供給する装置でもあります。貯水槽に水が入るまでは上下水道部の管理ですが、貯水槽以降は所有者が安全な水を供給する責任があります。

貯水槽は、安全な管理のもとでないと給水管の腐食、水質汚染などの問題が生じます。

普段の生活には欠かせない水ですので、安全な水を供給するためには定期的な周囲の清掃、衛生面での管理はもちろんですが、設置の条件などを確認して、貯水槽の定期的な清掃や水質検査を行うようにしてください。

貯水槽水道の管理は?

  • 水道法(貯水槽有効容量10立方メートル超)
  • 宮城県条例(貯水槽有効容量5立方メートル超10立方メートル以下)に基づいて管理に努めてください。
  • 多賀城市給水条例(貯水槽有効容量5立方メートル以下)に基づいて管理に努めてください。

具体的な管理内容と検査

  • 貯水槽(受水槽・高架水槽)の清掃を1年に1回定期的に行う
  • 水質の管理
  • 毎日、水の色・濁り・味・臭いに注意し、1年に1回水質検査(水の色・濁り・臭い・味・残留塩素)を受けてください。
  • 水が汚染されるのを防止するため、水槽の点検を行い、不備があれば改善してください。
  • 水が人の健康を害する恐れがあると判断したときは、直ちに給水を停止し、利用者や保健所・上下水道部に連絡してください。

受水槽の仕組み

よくある質問

お問い合わせ

上下水道部施設整備課給排水係

宮城県多賀城市中央二丁目25番7号

電話番号:022-368-1141(内線:725~728)

ファクス:022-368-3125

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?