ここから本文です。

更新日:2020年6月3日

市民音楽祭

第39回多賀城市民音楽祭(令和2年11月8日開催予定)の中止について

多賀城市民音楽祭は、幅広い市民の音楽活動を支援し、市民手作りによる音楽イベントの創出を図り、芸術文化の振興を図ることを趣旨にこれまで回を重ねてきました。

現在、新型コロナウイルス感染症の感染対策として「新しい生活様式」及び国・県等による対応の方針等が示されている中で、鑑賞者や出演者の皆さんの安全・安心を最優先に熟慮した結果、本年11月8日開催を予定しておりました第39回多賀城市民音楽祭は、中止することにいたしました。

中止の判断をいたしましたことは、誠に残念ではありますが今回の決断については、御理解をいただきたいと存じます。

音楽活動が日常の生活の中で再開でき、皆様の日頃の活動の成果を発表できる機会が早くくることを願っております。

市民音楽祭ってどんなイベント?

市民音楽祭は、主に多賀城市内で活動しているアマチュアグループによる、ジャンル(吹奏楽・器楽・合唱)を超えた発表会です。
毎年11月中旬に文化センター大ホールを会場に、市内の幼稚園や小中高校、社会人サークルなど様々な世代が一堂に会する、市民手作りの音楽イベントです。
※平成28年には山形県より天童混声合唱団に、平成29年には七ヶ浜町で活躍するGroove7に特別出演いただきました。

38音楽祭1 38音楽祭2

38音楽祭3 38音楽祭4

いつから始まったの?

昭和55年度から始まりました。平成23年度は、東日本大震災により文化センターが避難所となったため、大ホールでの実施はできませんでしたが、有志による運営で市内中学校にて開催され、現在まで途切れることなく続いています。

どんな雰囲気なの?

市民音楽祭当日は、約500人の出演者と、1,000人にも及ぶ鑑賞者で文化センターが大賑わいです。
大ホール以外にも、エントランスではサークルフェア(手作りの食品・雑貨の展示販売)を、大ホールホワイエでは市内中学校美術部の作品展示会を行っています。
また、玄関には多賀城中学校美術部制作のオリジナル看板を掲示しています。

第38回市民音楽祭のプログラム(PDF:472KB)

第38回市民音楽祭の舞台の様子(PDF:2,633KB)

サークルフェアの様子

サークルフェア1 サークルフェア2

サークルフェア4

平成31年度は、34団体がサークルフェアに出店し、エントランスは常に大賑わい!1,200人にも及ぶ来客がありました。

中学校美術部作品展示

美術作品 美術鑑賞

平成31年度は、多賀城中学校・第二中学校・東豊中学校の美術部生徒が制作した美術作品を展示しました。

どうやって運営されているの?

毎年6月頃に出演者を募集し、出演団体代表による市民音楽祭実行委員会を組織して、イベントの企画運営を行います。

実行委員会の年間活動例
4月

  • 準備委員会(昨年度実行委員会による企画運営)

6月

  • 出演団体の募集・申込受付

7月

  • 第1回実行委員会(実施要項、組織編制、年間スケジュール)

8~9月

  • 専門委員会
  • ポスター掲示およびチラシ配布

10月

  • 第2回実行委員会(プログラム、タイムスケジュール)

11月

  • メディアでの告知
  • 市民音楽祭本番
  • 第3回実行委員会(実施結果、アンケート報告、反省)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

中央公民館  

宮城県多賀城市中央二丁目27番1号

電話番号:022-368-0133

ファクス:022-368-0132

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?