ホーム > 展示・イベント > 埋蔵文化財調査センター体験館「多賀城史遊館」常設展

ここから本文です。

更新日:2016年8月29日

埋蔵文化財調査センター体験館「多賀城史遊館」常設展

展示室1「考古資料からみた多賀城の歴史」

市内の発掘調査で出土した考古資料を中心に、縄文時代から江戸時代までの多賀城市の歴史をわかりやすく展示しています。ご希望の方には展示解説を行っています。

史遊館展示室

 

 

展示コーナー図

展示コーナー図

展示室1において、「しゆう丸とめぐる多賀城歴史探検」の映像(たがじょうポケットムービーのページへ)を見ることができます。

展示室2「民俗資料からみた多賀城の暮らし」 

農作業の機械化が進む以前の多賀城では、多くの家が田畑を作り、農作物の成長と、それに関する季節の行事が一年の暮らしのリズムを作っていました。特に、稲作には多くの農具を必要とし、家族や隣近所と協力しながら農作業をしていました。

この展示は、実際に市内で使われていた農具を通して、機械化が進む昭和40年代以前の農家の一年を紹介するものです。資料には直接触れられますので、当時の暮らしぶりを体感していただければと思います。

展示室2


 

展示室2

展示コーナー図

 

お問い合わせ

多賀城史遊館
多賀城市中央二丁目25番5号
電話番号:022-368-3127
ファクス:022-368-3127

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?