ここから本文です。

更新日:2017年9月29日

戸籍届出

戸籍は、夫婦、親子など個人の身分関係を証明するもので、主に夫婦と子ども単位でつくられています。戸籍のあるところを本籍地といい、戸籍の先頭に記載された人を筆頭者といいます。

戸籍の届出は、土曜日・日曜日、祝日にかかわらず受け付けています。執務時間外や休日などの場合は警備員室へおいでください。(ただし、不受理申出については平日の8時30分から17時15分までの受付となります。)

 戸籍届出のときには、本人確認書類をご提示ください

平成20年5月1日から戸籍法の一部が改正され、戸籍届出の際に「本人確認」が必要となりました。

戸籍は、結婚したこと、離婚したことや、親子の関係などが記載される大切なものです。他人が虚偽の届出をすることにより、戸籍に真実でない記載がされることのないように、窓口に来られた方が本人であることを確認させていただきます。

市民の皆様にはご負担をおかけすることになりますが、趣旨をご理解の上、ご協力をお願いします。

本人確認書類の必要な届出

  • 婚姻届
  • 協議離婚届
  • 養子縁組届(届出方法などについては、市民課記録係へお問い合わせください)
  • 協議離縁届(届出方法などについては、市民課記録係へお問い合わせください)
  • 認知届(届出方法などについては、市民課記録係へお問い合わせください)
  • 不受理申出

本人確認書類とは

次のいずれかをご用意ください。本人確認書類の種類は、表でお確かめください。

  • 「公的機関が発行した本人確認書類(顔写真付き)」のうち1点
本人確認書類の種類

区分

本人確認書類(例)

公的機関が発行した本人確認書類
(顔写真付き)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(写真あり)
  • 在留カード
  • 身体障害者手帳
  • 資格者証・補助者証

本人確認書類をお持ちでないときは

身分証明書をお持ちでない方でも、届け出はできます。

なお、窓口に来られた方の本人確認ができなかった場合は、各届出書に記載されている届出人の方あてに、郵送で届け出があったことをお知らせします。

 出生届

届出期間

生まれた日から14日以内

届出人

父または母(その他の方が届けるときは、市民課記録係にお問い合わせください。)

届出地

本籍地、住所地、出生地または一時滞在地の市区町村役場

届出に必要なもの

  • 出生証明書
  • 届出人の印鑑
  • 母子健康手帳
  • 国民健康保険証(加入している方のみ)

執務時間外や休日などの場合は、警備員室で届出の受付のみを行いますので、母子健康手帳と国民健康保険証(加入している方のみ)については、平日の執務時間内に市民課窓口へご持参ください。

 死亡届

届出期間

死亡の事実を知った日から7日以内

届出人

同居およびその他の親族(親族がいないときは同居者、その他の方が届けるときは、市民課記録係にお問い合わせください。)

届出地

死亡者の本籍地、死亡地、届出人の住所地または一時滞在地の市区町村役場

届出に必要なもの

  • 死亡診断書
  • 届出人の印鑑
  • 年金証書・国民健康保険証(加入している方のみ)
  • 後期高齢者医療保険証(該当している方のみ)
  • 印鑑登録証(印鑑登録機能を追加していた「多賀城市民カード」を含む。)(登録している方のみ)
  • 介護保険証(該当している方のみ)

こちらもご確認ください。 

 婚姻届

届出期間

届けた日に効力を生じます。

届出人

結婚する当事者2人(ただし、2人の成人の証人による署名押印が必要)

届出地

本籍地、住所地または一時滞在地の市区町村役場

届出に必要なもの

  • 本籍が多賀城市以外の場合は、その方の戸籍謄本1通
  • 当事者2人の旧姓の印鑑
  • 届出人の身分証明書
  • 未成年の場合は父母の同意書
  • 年金手帳(加入している方)
  • 国民健康保険証(加入している方)

 離婚届

届出期間

届けた日に効力を生じます。

  • 調停離婚は、調停成立後10日以内
  • 審判離婚は、確定の日から10日以内
  • 判決離婚は、確定の日から10日以内

届出人

  • 協議離婚の場合:離婚する当事者2人(ただし、2人の成人の証人による署名押印が必要)
  • 調停離婚、裁判離婚の場合:申立人(証人は不要)

届出地

本籍地、住所地または一時滞在地の市区町村役場

届出に必要なもの

  • 本籍が多賀城市以外の場合は戸籍謄本1通
  • 当事者2人の印鑑
  • 届出人の身分証明書
  • 年金手帳(加入している方のみ)
  • 国民健康保険証(加入している方のみ)
  • 協議離婚の場合は、届出人の身分を証明するもの
  • 調停離婚の場合は、調停調書の謄本
  • 審判または判決離婚の場合は、その謄本と確定証明書

 転籍届

届出期間

届けた日に効力を生じます。

届出人

戸籍の筆頭者および配偶者

届出地

本籍地、住所地・転籍地または一時滞在地の市区町村役場

届出に必要なもの

  • 戸籍謄本1通
  • 届出人の印鑑

 不受理申出

自分自身が窓口に来たことが確認できない場合には、縁組などの届出を受理しないよう、市区町村に不受理申出をすることができます。不受理申出をする時は市区町村の窓口で行ってください。その際、本人確認ができなかった方に関しては不受理申出を受け付けることはできません。

対象となる届出

  • 協議離婚届出
  • 婚姻届
  • 養子縁組届
  • 養子離縁届
  • 認知届

届出地

原則は申出人の本籍地、ただし住所地でも受付はできます。

多賀城市では、平日の8時30分から17時15分までの受付となります。時間外や、休日は受付できませんのでご注意ください。

届出に必要なもの

  • 申出人の印鑑
  • 申出人の身分証明書

 その他の届出

その他の届出については、市民課記録係へお問い合わせください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民経済部市民課記録係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:141・142)

ファクス:022-368-1067

メールフォームからお問い合わせいただく場合、回答する上で内容の確認が必要となる場合がありますので、必ず連絡先、電話番号の入力をお願いします。
また、お客様のお問い合わせやご質問に、迅速かつ的確にお答えするため、開庁時間(8時30分~17時15分)にお電話可能な方は、恐れ入りますが直接電話にてお問い合わせくださいますようご協力をお願いします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?