ホーム > よくある質問 > 非課税の範囲

ここから本文です。

更新日:2021年10月21日

非課税の範囲

質問

住民税(市・県民税)の非課税の範囲を教えてください。

回答

扶養者がいない場合:合計所得金額が44万5千円以下であれば非課税となります。
例:給与収入(パートやアルバイト含む)のみの場合→年間収入が99万5千円以下であれば非課税
年金収入のみの場合
→65歳未満→104万5千円以下であれば非課税
→65歳以上→154万5千円以下であれば非課税

・扶養者がいる場合:扶養人数により非課税となる金額が違います。
詳しくは、下記関連リンクの「非課税の範囲一覧」をご覧ください。

・本人が障害者、未成年者、寡婦・ひとり親の場合→合計所得金額が135万円以下であれば非課税となります。

※1:障害者には、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳を交付されている方が対象となります。介護などの認定を受けている方も対象となる可能性がありますので、ご不明な場合は担当課へご確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民経済部税務課市民税係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:151~153)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?