ここから本文です。

更新日:2020年9月11日

多賀城南門(なんもん)復元

多賀城南門(なんもん)を復元しています

多賀城市では、多賀城創建1300年にあたる令和6年(2024)の公開に向け、多賀城南門の復元工事を実施しています。

復元する南門について

復元する南門は、8世紀中頃(政庁Ⅱ期)のもので、多賀城外郭に設けられ、東北の経営の中心であった多賀城の、まさに入口にあたる重要な施設とされていたものです。

発掘調査で明らかになった平面規模・構造から考えると、二重門形式の極めて格式高い門であったと推測されています。

多賀城南門復元イメージ

復元する南門は、高さ14mの二重門で、両脇につく高さ4.5mの築地塀も併せて復元します。

復元イメージ

南門復元の現在(クリックすると画像が見れます)

お問い合わせ

教育委員会事務局文化財課文化財係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:571・572)

ファクス:022-309-2460

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?