ホーム > 健康・福祉 > 医療・感染症 > 感染症 > インフルエンザ情報 > 季節性インフルエンザ情報(インフルエンザ警報が発令されています)

ここから本文です。

更新日:2017年1月27日

季節性インフルエンザ情報(インフルエンザ警報が発令されています)

お知らせ(宮城県内にインフルエンザ警報が発令されています。)

全国的にインフルエンザが流行していますが、宮城県内においても定点医療機関あたりの患者報告数が警告発令基準(30人)を超えたため、1月26日に宮城県内にインフルエンザ警報が発令されました。

今後、さらに流行が拡大する恐れがあります。予防対策を徹底していただくとともに、38℃以上の発熱、咳、咽頭痛、頭痛、関節痛などの症状が見られた場合には、早期に医療機関を受診し、咳やくしゃみなどが出る場合は、感染がひろがらないようマスクを着用するなどの咳エチケットなどを徹底するようお願いします。

インフルエンザと風邪の違い

インフルエンザと風邪の違い
違い インフルエンザ 風邪
原因 インフルエンザウイルス 様々なウイルス、細菌など
症状 高熱、咳、のどの痛み、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状 発熱、咳、のどの痛み、くしゃみ、鼻汁など
発熱 38.0℃以上の発熱 インフルエンザほど高くない
合併症 肺炎、脳症など まれに起こる

流行時期

日本では、例年12月~3月頃流行し、1月~2月に流行のピークを迎えます。

インフルエンザは流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が広がります。

主な感染経路

飛沫(ひまつ)感染

感染者の咳やくしゃみの中に含まれるウイルスを吸い込むことで感染します。

接触感染

ドアノブや手すりなどを介してウイルスがついた手で目・鼻・口にふれることで感染します。

予防方法

季節性インフルエンザの予防方法は以下のようなことが有効です。

流行前のワクチン接種

インフルエンザワクチンは、発症予防とインフルエンザにかかった場合の重症化防止に有効とされてます。市ではインフルエンザ予防接種費用を一部助成しております。

咳エチケットを実践しましょう

咳エチケットとは、ウイルスを含んだ咳やくしゃみが出る時に、他の人に感染させないためのエチケットです。

  1. 咳やくしゃみの際は、ティッシュなどで口と鼻を被い、他の人から顔をそむけて、できる限り1~2メートル以上離れましょう。
  2. 他の人への飛沫感染を防ぎます。
  3. 鼻汁・痰などを含んだティッシュは、すぐにゴミ箱に捨てましょう。
  4. 咳やくしゃみをする際に押さえた手や腕は接触感染を防ぐため、なるべく早く洗いましょう。また、手を洗う前は不必要に周囲に触れないよう注意しましょう。
  5. マスクを着用しましょう。他の人からの飛沫感染を予防することができ、他の人にうつすことを防ぎます。
  6. また、ウイルスの付いた手が鼻や口に触れることを防ぎます。

注)ウイルスの飛散を防ぐには「不織布製」マスクを用います。

こまめに手洗い・うがいをしましょう

日常的に手洗い・うがいをすることで感染予防ができます。手洗い・うがいをするときは、次のことに気をつけるとより効果的です。

  1. 外出から戻ったら、手洗い・うがいを心がけましょう。
  2. 手洗いする際は、石鹸をよく泡立てて、手首、手のひら、手の甲、指の間、つめの間まで丁寧に洗いましょう。
  3. 手洗いした後は、清潔なペーパータオルなどで水分を十分に拭き取りましょう。

参考:宮城県ホームページ

適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、のどや鼻の粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。

特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60パーセント)を保ちましょう。

十分な休養とバランスのとれた食事

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた食事を日ごろから心がけましょう。

人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、人混みや繁華街への外出は控えましょう。

やむを得ず外出する場合には、マスクを着用し、外出時間はできるだけ短くしましょう。

季節性インフルエンザにかかった場合

季節性インフルエンザにかかった場合は、次のことに気をつけましょう。

  • 早めに医療機関を受診しましょう。
  • 安静にして、休養をとりましょう。特に睡眠を十分にとることが大切です。
  • 水分を十分に補給しましょう。
  • 他の人にうつさないために、マスクを着用しましょう。
  • 外出は控え、無理をして学校や職場などに行かないようにしましょう。

インフルエンザQ&A

インフルエンザQ&A(外部サイトへリンク)(厚生労働省ホームページへ)

「マメにマスク」「マメに手洗い」をみんなで心がけ、インフルエンザ予防に努めましょう

 

インフルエンザ予防啓発ポスター

市では厚生労働省のキャラクターとタイアップをして、啓発ポスターを作成しました。
印刷してご活用ください。

啓発ポスター(PDF:153KB)

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康課成人保健係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:611~614)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?