ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境衛生 > 鳥インフルエンザの対処方法

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

鳥インフルエンザの対処方法

鳥インフルエンザウイルスの感染の可能性や対処方法について、正しい知識を身につけましょう。

 鳥インフルエンザの感染

人へ感染することはありますか?

この病気に感染した鳥のフンや内臓などに接触し、体内に大量のウイルスが入ってしまった場合、ごくまれに感染した例があります。人から人への感染の報告はありません。

また、鶏肉や鶏卵を食べることによって人に感染した報告はありませんが、不安な方は食品の中心温度が70度以上に達するように加熱することをお勧めします。

感染予防の方法はありますか?

通常の生活の中で、特別な予防を行う必要はありません。手洗い、うがいを励行しましょう。

鳥を飼っていますが、どんなことに気をつければいいですか?

常に清潔な状態で飼育し、野鳥が近くに来ないように注意しましょう。排泄物に触れた後には手洗いとうがいをしましょう。

 こんなときには?

飼っている鳥が死んでしまった場合

原因が分からずに鳥が連続して死んでしまった場合には、素手で触ったり、埋めたりせずに、お近くの獣医師、仙台家畜保健衛生所(022-257-0921)、塩釜保健所(022-363-5505)へ連絡してください。

野鳥が死んでいるのを見つけた場合

野鳥には、鳥インフルエンザだけでなく細菌や寄生虫などもいる可能性があることから、死んだ野鳥は素手で触らずにビニール袋などに封入し、廃棄物として処分してください。

外傷などがない鳥が密集して死んでいた場合には、農政課、獣医師、仙台地方振興事務所(電話022-275-9253)又は、仙台家畜保健衛生所(電話022-257-0921)へご連絡ください。

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部農政課農政係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:441・442)

ファクス:022-368-9069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?