ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境衛生 > 人の迷惑を考えよう

ここから本文です。

更新日:2018年3月14日

人の迷惑を考えよう

衛生関係

雑草の管理

宅地用空き地の所有者は、空き地を放置しておくと雑草の繁茂や害虫の発生により、隣の家に迷惑をかけてしまうことがあります。定期的に除草するなど空き地の環境衛生に努めましょう。
また、今後の土地の状況が変わらない場合は、毎年状況を確認し、適正に管理しましょう。
なお、雑草の管理のできない所有者の方には、雑草の処理について専門の事業者に依頼するなど対応してください。

市では下記の団体を紹介しています。

  • 公益社団法人 多賀城市シルバー人材センター 電話:022-368-2350

害虫などの駆除

スズメバチの巣の駆除は大変危険です。刺されてしまうと生命にかかわる症状に見舞われるおそれがあります。むやみに駆除は行わないでください。

駆除は有料となりますが、ねずみ・害虫など有害生物の駆除を専門に行っている協会に連絡して、ご相談ください。

 相談窓口

  • 一般社団法人 宮城県ペストコントロール協会 電話022-366-1339(土曜日・日曜日・祝日を除く)

 駆除依頼

  • 公益社団法人 多賀城市シルバー人材センター 電話022-368-2350(日曜日・祝日を除く)

※市はスズメバチを駆除する設備を備えておりませんので、上記専門の駆除業者を紹介します。

一人ひとりマナーを守りましょう(ペット関係)

犬や猫の鳴き声、放し飼い、フンの処理、臭気等など、困りごとの内容のほとんどが、飼い主のモラルに関することです。

市では、犬に関しては、狂犬病予防法により、登録と予防注射の接種についてのみの指導しかできませんが、飼い主に対してマナーの改善を促しております。

飼い主としての責任を

  • 糞やブラッシングの毛の後始末をきちんと処理してください。
  • 散歩のときはリードでつなぎ、リードは短くしてください。

猫について

犬と同様に飼い主に対してマナーの改善を促しますが、捨て猫等の飼い主のわからない猫については、市では扱えません。

  • 飼い主のいない猫がかわいそうだからといって、むやみにエサを与えないでください。
  • その一帯に猫が増えすぎると猫もストレスを感じます。  

また、何らかの事情で育てられなくなった犬や猫は、引き取りを行っています。

  • 育てられなくなった犬・猫の引き取り

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部生活環境課環境リサイクル推進係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:234~236)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?