ホーム > くらし・手続き > 東日本大震災関連情報 > 支援情報 > 税の減免・免除・非課税 > 東日本大震災による登録免許税・登記手数料の免除特例

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

東日本大震災による登録免許税・登記手数料の免除特例

登録免許税・登記手数料の免除特例

登録免許税の免除特例

東日本大震災により、住宅や工場などの建物に被害を受けた方が、新たに建物を新築・取得した場合の保存・移転登記、土地の取得、そのための資金の貸付にかかる抵当権の設定登記については登録免許税が免除されます。

期間

平成23年4月28日~平成33年3月31日

登記手数料の免除特例

東日本大震災により、所有または賃貸する建物や船舶に被害を受けた方が、被災した建物などについて登記事項証明書等の証明書を請求される場合には、請求時に「り災証明書」などの必要事項を提出していただくことにより、交付手数料が免除されます。

期間

平成23年5月16日~平成33年3月31日

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部税務課固定資産税係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:154~156)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?