ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境 > 保存樹木 > 保存樹木八幡神社の高野槙

ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

保存樹木八幡神社の高野槙

  • 指定番号12
  • 樹種コウヤマキ、スギ科、コウヤマキ属
  • 樹高24.65m
  • 胸高周囲4.53m
  • 推定樹齢400年(昭和61年11月1日指定時点)
  • 所在地宮内1丁目178

八幡神社の高野槙

社殿右側に直幹状に生育し、神社の象徴木として天を指しています。

樹勢は、数回の落雷による火傷で主幹部が一部腐食し、劣勢で衰退してきています。

八幡神社は、嘉禎元年(1225)末の松山の西、俗称「古舘」から現在の地へ遷宮されたものと伝えられ、高野槙は、その頃記念として植えられたものとも言われ最大級の古木です。

▲保存樹木一覧に戻る

よくある質問

お問い合わせ

建設部都市計画課総務企画係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:421~423) 

ファクス:022-368-9069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?