ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境 > 保存樹木 > 保存樹木鶴ケ谷の糸桧葉

ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

保存樹木鶴ケ谷の糸桧葉

  • 指定番号8
  • 樹種ヒヨクヒバ、ヒノキ科、ヒノキ属
  • 樹高9.60m
  • 胸高周囲2.16m
  • 推定樹齢230年(昭和61年11月1日指定時点)
  • 所在地鶴ヶ谷1丁目30

勤労青少年ホームの糸桧葉

砂押川に面した多賀城公園を背にし、多幹頂冠状の姿の良い糸桧葉を見ることができます。

この場所は、「袖窪」と称され、寛文年間頃から板橋家の屋敷となっていました。

昭和17年海軍工廠の施設が設置されることとなり、庭木として植えられていたこの糸桧葉も家屋とともに移転を余儀なくされましたが、大木で移植が困難なことから、そのまま残されて、現在に至っています。

▲保存樹木一覧に戻る

よくある質問

お問い合わせ

建設部都市計画課総務企画係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:421~423) 

ファクス:022-368-9069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?