ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境 > 保存樹木 > 保存樹木新田のひいらぎ

ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

保存樹木新田のひいらぎ

  • 指定番号2
  • 樹種ヒイラギ、モクセイ科、モクセイ属
  • 樹高8.20m
  • 胸高周囲1.34m
  • 推定樹齢200年(昭和61年11月1日指定時点)
  • 所在地新田字南関合36

新田のひいらぎ

民家入口通路の真正面に直幹枝垂状の樹姿を呈し、旺盛な樹勢を保っています。

晩秋の開花期には、小さな白い花を咲かせ、佳香を放し、結実する雌株です。

老樹のためであろうか、ひいらぎ特有の鋭先刺状の粗鋸歯状の葉は少なく、大部分は全縁無刺状となっています。

ひいらぎは、八つ手・南天などと同様、魔除けの木として、旧家の門の附近などによく見かけられます。

このひいらぎも、家運の隆盛を願い先祖が植えたものだと言われています。

▲保存樹木一覧に戻る

よくある質問

お問い合わせ

建設部都市計画課総務企画係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:421~423) 

ファクス:022-368-9069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?