ホーム > よくある質問 > スマートフォン決済で軽自動車税(種別割)を納付しましたが、継続検査(車検)に使用する証明書が必要となった場合、どのような手続きが必要ですか

ここから本文です。

更新日:2020年8月31日

スマートフォン決済で軽自動車税(種別割)を納付しましたが、継続検査(車検)に使用する証明書が必要となった場合、どのような手続きが必要ですか

質問

スマートフォン決済で軽自動車税(種別割)を納付しました。納付書(納税証明書)に領収印がなく、継続検査(車検)に使用する証明書が必要になった場合、どのような手続きが必要ですか。

回答

軽自動車税納税証明交付申請書に必要事項を記載し、下記の必要なものを準備のうえ申請していただければ納税証明書の発行が可能です。
継続検査用(車検用)に使用するものは発行手数料は無料となります。
それ以外の場合は発行手数料が1通あたり200円かかります。
(1)窓口に来庁する場合に必要なもの(下記のいずれか)
・自動車検査証(車検証)またはそのコピー
・身分証明書(運転免許証、健康保険証など)

(2)郵送で申請する場合に必要なもの(下記の全て)
・軽自動車税納税証明交付申請書
・自動車検査証(車検証)のコピー
・申請者の身分証明書(運転免許証、健康保険証など)のコピー
・返信用封筒(返送のための切手含む)
※継続検査用(車検用)以外の場合は発行手数料分の定額小為替も同封してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民経済部収納課収納係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:192・193)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?