ここから本文です。

更新日:2020年3月19日

市税の種類

 市税とは

多賀城市は、市民の皆さんが健康で、快適な都市生活を送れるよう、いろいろな分野にわたって仕事を行っていますが、これらの仕事をするには多くの資金が必要です。

市税は、その資金を市民の皆さんがその能力に応じて分担しあう性格のもので、いわば多賀城市民として暮らしていくために負担しなければならない会費のようなものです。

 市税の種類

市民税

市民税は、個人市民税法人市民税とに分けられ、一般に県民税と合わせて『住民税』と呼ばれています。住民税は、税金を負担する能力のある人が同じ額を負担していただく『均等割』と、その人の所得の額に応じて負担していただく『所得割』(法人の場合は、『法人税割』)とからなっています。

固定資産税

固定資産とは、土地・家屋・償却資産(事業を営むために所有している構築物、機械、器具、備品など)をいい、これらに対してかかる税が固定資産税です。

都市計画税

都市計画税は、総合的なまちづくりを目的として行う都市計画事業や土地区画整理事業に必要な費用の一部を負担していただくために設けられた税金で、市街化区域の土地・家屋に対してかかるものです。

軽自動車税

軽自動車税は、原動機付自転車と軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車に対してかかるものです。

市たばこ税

市たばこ税は、卸売販売業者等が市内の小売人に売り渡したタバコに対してかかるものです。販売されているタバコの価格には、すでにたばこ税が含まれていますので、実際に税金を負担しているのは、タバコを購入している人になります。

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部税務課市民税係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:151~153)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?