ホーム > イベントカレンダー > たがじょうのミライのことをはなそうVol.3~みんなにやさしいまちにするカギ~

ここから本文です。

更新日:2018年6月12日

たがじょうのミライのことをはなそうVol.3~みんなにやさしいまちにするカギ~

多賀城市市民活動サポートセンター(たがさぽ)は、6月に開館10周年を迎えました!
昨年度より10周年記念プレ企画として「たがじょうのミライのことをはなそう」と題したトークイベントを開催しています。
6月23日(土曜日)には、Vol.3「みんなにやさしいまちにするカギ」を開催します。

<ゲスト>
ハッピーピース代表
本郷佳江さん
ハッピーピースは、凸凹の子育てに悩み・苦しんできた保護者同士が立ち上げた団体です。子どもとのかかわり方や、集団生活、将来に向けての不安を話せる場所、今出来ることを学ぶところが欲しい!という願いを一つずつ、出来ることから形にしてきました。私たちが大切にしていることは、子どもも保護者も支援者も【悪者】を作らないアプローチを見つけること。そして子どもたちの【なぜ?】を通訳できる【通訳者】を増やしていくこと。そして、家族や支援者を孤立させない社会を目指しています。

多賀城市国際交流協会ジュニア部部長
内浦恵美子さん
多賀城市国際交流協会員として平成10年より活動しています。多賀城市在住の外国人支援、および市内の小学生を対象に、国際感覚を養うための活動「ジュニア部」を主催しています。震災以後は、外国籍在住者を繋ぐネットワーク作りにも取り組んでいます。ジュニア部の活動は、全国的にも珍しい年間の定期開催で、外国文化に興味のある子どもたちだけでなく、コミュニケーションに困難を抱えた子どもたちの居場所作りにもなっています。

<コーディネーター>
特定非営利活動法人ミヤギユースセンター理事長
土佐昭一郎さん
宮城県は中学生や高校生の不登校が多く、全国的に見ると中退する方がとても多いことから、2001年に特定非営利活動法人ミヤギユースセンターを設立しました。不登校や高校中退の高校卒業(資格)のため「学習と心の支援」を通し、発達障がい、学力不足、引きこもりの生徒への自立・自律の支援と家族支援を行っています。大学や高校での講演の他、県内外で保護者向け、支援者向けの講演も実施しています。

プレイベント1

プレイベント2

開催日時

  • 2018年6月23日(土曜日)18時00分から2018年6月23日(土曜日)20時30分

場所

名称

多賀城市市民活動サポートセンター

住所

〒985-0873
多賀城市中央2-25-3

電話番号

022-368-7745

ファクス

022-309-3706

ホームページ

多賀城市市民活動サポートセンター(外部サイトへリンク)

対象

☆こんな方にオススメ☆
・暮らしづらさを感じている方
・まわりに暮らしづらさを感じている人がいる方
・いろんな立場の人とお話ししたい方

募集人数

20名(先着順)

費用

500円(学生は無料)

申込方法

事前申し込みを電話、ファクス、窓口などで受け付けています。

主催者

主催:多賀城市(多賀城市市民活動サポートセンター)
企画・実施:特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部地域コミュニティ課市民活動推進係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:251~253)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?