ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

介護支援ボランティア活動ポイント事業

近年、社会的役割のある方ほど健康で長生きな人が多いことが分かってきました。この事業では、ボランティア活動をとおした社会参加を促進することで、暮らしに生きがいを持ち、いきいきとした地域社会を実現することを目的としています。

ご好評につき、ボランティア登録者が100名を突破しました。

ボランティア募集イラスト

概要

介護保険施設などでボランティア活動を行うとポイントが貯まります。貯めたポイント数に応じて、転換交付金を受けとることができる制度です。

イメージ図

事業の概要図

活動の流れ

事業の流れ

登録できる方

  • 市内在住の65歳以上の方(介護施設などでのボランティアに関心のある方)

登録方法

介護福祉課(市役所6階窓口)へ申請書を提出してください。介護保険被保険者証と印鑑をご持参ください。

ボランティア講習会

登録後にボランティア講習会を受講します。内容は以下のとおりです。受講後に「ボランティア活動手帳」が交付されます。

  • 事業の説明について
  • マナー接遇について
  • 守秘義務について
  • 認知症の理解に関する講話
  • ボランティア保険への加入手続き

ボランティア活動の内容

ボランティア活動内容の一例は以下のとおりです。

  • レクリエーションなどの支援または補助
  • お茶出し、食堂内の配膳、下膳などの補助
  • 散歩、外出、館内移動の見守りおよび補助
  • 各種行事などの会場設営または補助
  • 利用者との話し相手や見守りなど
  • 施設職員と共に行う洗濯物の整理などの軽微かつ補助的な活動
  • その他利用者に対する軽微な補助

注意:入浴介助や清拭および食事介助などの「身体介護」は、介護福祉士などの専門職がケアプランに基づき適切に提供するべきであるため、ボランティア活動には含みません。

活動確認スタンプ、評価ポイントおよび転換交付金

活動30分でスタンプが1つ付与されます。スタンプ1つで50ポイントとなり、1ポイントにつき1円の転換交付金が受けられます。なお、以下の点にご注意ください。

  • 1日でのスタンプ獲得上限は4個までです。
  • 1人に対する1の年度における上限額は15,000円(スタンプ300個)までです。
  • 活動確認スタンプおよび評価ポイントは第三者に譲ることはできません。

指定受入機関

活動を行う際は、一覧の中から活動場所をご自身で選んでください。駐車場が限られますので、できるだけ徒歩や自転車での移動にご協力ください。

指定受入機関として登録する場合「事業所向け」

本事業の指定受入機関としての登録を希望する介護保険施設などは、以下の申請書を提出してください。

ポイント転換交付金

貯めたポイントは、申請をすることで転換交付金を受けることができます。以下の窓口へ申請書を提出してください。ポイントは活動年度内に限り有効です。

受付期間:毎年3月1日から3月31日までの1か月間

受付窓口:多賀城市社会福祉協議会(市役所向かいの建物です。)

以下のいずれかに該当する場合は、交付を受けることができません。

  • 長期間に渡る介護保険料の滞納があるとき
  • 虚偽その他不正な行為により活動確認スタンプおよび評価ポイントの付与を受けたとき

Q&A

本事業に関する質問および疑問点は、以下を参照してください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部介護福祉課介護予防係

電話番号:022-368-1141(内線:665、666)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?