ホーム > 文化・スポーツ > スポーツ > ホストタウン交流事業

ここから本文です。

更新日:2019年12月9日

ホストタウン交流事業

キューバ共和国のホストタウンとして登録されました

ホストタウンとは

2020年東京大会の参加国と地域の住民などのスポーツ・文化交流を行う地方公共団体をいいます。

参加国と地域住民の交流を通じ、地域の活性化を図ります。

ホストタウン登録について

令和元年10月31日木曜日、内閣官房東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部より、ホストタウンの第16次登録について発表があり、キューバ共和国のホストタウンとして仙台市と共に登録されました。

  • 相手国:キューバ共和国
  • 競技種目:野球およびバレーボール
  • 登録日:令和元年10月31日木曜日

ホストタウン交流事業について

この度、仙台市および学校法人仙台育英学園、関係団体などと協力し、交流事業を実施していくために「仙台・多賀城・仙台育英学園-キューバ交流事業実行委員会」を設立しました。

今後、ホストタウン交流事業として、オリンピアンなどを招いての講演会、市民やスポーツ関係団体などとのスポーツを通じての交流イベントを実施する予定です。

ミレーヤ・ルイス来仙記念トークショー

12月14日土曜日に、仙台育英学園高等学校宮城野校舎を会場に、バレーボールの元キューバ代表選手、ミレーヤ・ルイス氏らをお招きしてトークショーを開催します。

キューバ代表黄金時代のスーパーエースのお話を聞ける貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。

詳細はイベントページをご覧ください。

 

その他交流イベントなどの交流事業については、実施が決まり次第、順次ホームページでお知らせします。

 


 

よくある質問

お問い合わせ

教育委員会事務局生涯学習課社会教育係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:541・542)

ファクス:022-309-2460

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?