ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 各種計画・方針 > 多賀城市庁舎耐震対策等事業

  • たがはぴdays

ここから本文です。

更新日:2020年1月30日

多賀城市庁舎耐震対策等事業

多賀城市庁舎耐震対策事業の一部見直しについて

現在の市庁舎は東庁舎と西庁舎で構成していますが、1970年(昭和45年)に建設した東庁舎は老朽化が進み、耐震性能が低下している状態です。また1989年(平成元年)に建設した西庁舎も築後30年が経過し、設備機器類の老朽化に起因する様々な問題を抱えています。
市庁舎には安定的な行政サービスの提供と災害時における防災拠点としての機能が求められることから、平成25年度より市庁舎耐震対策等に着手し、新築や改修等により東庁舎、西庁舎及び北庁舎の3棟構成による整備を目指し取組んできました。
しかし、社会全体が縮減・縮小へと向かう中で、今後の行政需要や財政計画を踏まえた中長期的な展望のもと、改めて市庁舎に必要となる規模や機能について検討した結果、当初案を見直し2棟構成(東庁舎解体・西庁舎改修・北庁舎新築)で整備を進めていくこととしました。
このことにより、事業完了までのスケジュールは令和5年度から令和6年度へと1年延びることとなります。
なお、事業変更後のプラン及びスケジュール等については、別添の資料をご覧ください。

多賀城市庁舎耐震対策等事業北庁舎実施設計業務委託

市では、平成31年3月13日に北庁舎実施設計の指名競争入札を執行しました。

  • 落札者式会社総合設計

多賀城市庁舎耐震対策等事業基本設計業務委託プロポーザル

市では、多賀城市庁舎耐震対策等事業基本設計業務にあたり、設計者を指名型プロポーザルにより選定します。

プロポーザルの経過は次のとおりです。

多賀城市庁舎整備基本計画

市では、平成30年3月に「多賀城市庁舎整備基本計画」を策定し、平成35年度末の事業完了を目指して取り組んでいます。

多賀城市庁舎整備基本計画(PDF:2,208KB)

多賀城市庁舎整備基本計画パブリックコメント

市では、多賀城市庁舎整備基本計画(案)に対する意見を募集しました。

※現在は募集していません。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部管財課施設経営係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:464~468)

ファクス:022-368-9069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?