ホーム > 市政情報 > 予算・財政 > 財政状況・決算 > 財政状況(平成22年度決算)

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

財政状況(平成22年度決算)

多賀城市の財政状況を市民の皆さんに広く知っていただくため、毎年6月と12月の年2回、公表しているものです。

今回は、平成22年度決算についてお知らせします。

平成22年度各種会計決算状況について

市の会計は、大きく一般会計(行政の基本的な経費)と特別会計(特定の事業を特定の収入で賄う経費)、企業会計(独立採算を基本とした経費)に分けられます。

平成22年度各種会計決算状況

平成22年度各種会計決算状況

区分

歳入(収入)

歳出(支出)

一般会計

200億2,617万円

192億8,909万円

国民健康保険特別会計

55億6,483万円

55億5,231万円

老人保健特別会計

285万円

285万円

後期高齢者医療特別会計

4億2,174万円

4億996万円

介護保険特別会計

29億4,017万円

28億6,907万円

下水道事業特別会計

30億988万円

28億9,667万円

平成22年度水道事業会計決算状況

区分

収入

支出

収益的収入及び支出

19億4,630万円

16億9,690万円

資本的収入及び支出

1億3,157万円

6億6,206万円

合計

20億7,787万円

23億5,896万円

平成22年度普通会計決算状況について

普通会計とは、各市町村の会計を比較できるように、統一したルールで調整し直したものです。(一般会計とは金額が異なります。)

歳入

歳入総額 201億6,548万円(前年度比3億5,912万円(1.7%)減)

歳入状況

歳入は地方交付税が増額しましたが、市税及び国県支出金が減額したことで歳入総額では3億5,912万円の減額となりました。

  • 地方交付税(国税の一部を原資として、国が地方公共団体へ財源調整を目的に一定割合交付するお金。)が7億97万円増額しました。
  • 市税は景気悪化に伴い前年度に比べて1億5,869万円の減額となりました。
  • 国県支出金は平成21年度に実施した定額給付金給付事業分が減ったことなどにより7億4,615万円の大幅な減額となりました。

歳出

歳出総額 194億2,840万円(前年度比8億7,303万円(4.3%)減)

歳出状況

歳出は民生費が増額となりましたが、総務費及び教育費が減ったことなどにより歳出総額では8億7,303万円の減額となりました

  • 民生費が子ども手当の創設による増や東日本大震災に伴う災害救助事業により11億854万円の増額となりました。
  • 総務費は平成21年度に実施した定額給付金給付事業分が減となったことなどにより14億4,857万円の減額となりました。
  • 教育費は地震補強事業などの完了により8億6,834万円の減額となりました。

財政状況は?

平成22年度は、市税が大幅な減収となりましたが、地方交付税(国税の一部を原資として、国が地方公共団体へ財源調整を目的に一定割合交付するお金。)が増額したことなどにより、8年連続で財政調整基金を使わずに決算をすることができました。

本市では、「借金を増やさない、貯金を減らさない」のスローガンのもと、限られた財源を有効に活用するため、ホームページや封筒への広告掲載、庁舎前花壇整備へのスポンサー募集、ふるさと・多賀城応援寄付など、可能な限り財源の確保に取り組むとともに、職員人件費の縮減など、経常経費の更なる節減合理化に取り組んでいます。

今後とも、より質の高いサービスを提供できるよう財政の健全化に取り組んで行きます。

歳入・歳出決算額の推移

指標で見る決算状況

決算状況を表す指標の一つに、「経常収支比率」があります。これは、毎年度継続的かつ安定的に確保できる収入(市税など)が、毎年度固定的に支出される経費(人件費、扶助費など)に使われる割合を示します。

この割合が80%を超えると、財政構造が弾力性を失いつつあるといわれ、経常的な事業以外に使えるお金が少ないことを意味します。

平成22年度は97.1%で、前年度に比べて2.7ポイント改善しましたが、依然として高い水準となっています。

経常収支比率の推移

平成22年度の主な事業

私立保育所整備支援事業 1億1,463万円

大代保育所の建て替えに対して補助金を支給しました。

女性特有のがん検診事業 1,429万円

女性特有のがん対策を推進するため検診料などを無料にしました。

JR仙石線連続立体交差事業 2億5,880万円

県の事業であるJR仙石線連続立体交差事業の建設費を負担しました。

借上住宅等建設費補助金及び市営住宅借上料 1億1,508万円

築後40年を経過した山王市営住宅を解体し、新たに民間住宅を活用するため建設費補助金を交付し、借り上げました。

学校施設地震補強事業 1億8,602万円

天真小学校及び第二中学校の校舎の地震補強事業を実施しました。なお、天真小学校の地震補強事業は東日本大震災により一部未完成な部分があったため、平成23年度での事業完成となります。

城南小学校屋内運動場大規模改造事業 1億2,346万円

城南小学校屋内運動場の大規模改造事業を実施しました。

移動図書館車両購入費 1,704万円

老朽化の著しい移動図書館車両を買い換えました。

市債(借金)の現在高

学校や道路などを建設するための多額の費用の一定程度は市債(借金)で賄っています。市債は、資金調達の手段だけでなく、将来、施設や道路を利用することで便益を受ける次の世代の市民の方にも費用を負担していただき、世代間の公平性を確保する機能も有しています。

本市では、その年度の市債の借入額がその年度の返済額を超えないように努めています。

平成22年度は、学校施設地震補強事業などを積極的に実施したことなどから、前年度に比べ市債の残高が増加しました。

市債残高の推移

基金(貯金)の現在高

基金には、特定の事業を実施するために積み立てる特定目的基金と、税収の減少や災害発生時など支出の増加による財源不足を調整するために積み立てる財政調整基金とがあります。

本市の特定目的基金には、教育施設の整備を実施するためのものなどがあります。

平成22年度も、8年連続で市の貯金とも言える財政調整基金を取り崩さずに決算することができました。

基金現在高の推移

市の財政を身近なものに

平成22年度普通会計決算を年収500万円の家計に置き換えて、平成21年度と比べてみました。

また、決算額を市民1人あたりに換算し、他市町村の状況と比較してみました。

平成22年度の歳入を年収500万円の家計にしてみると・・・

収入(歳入)

市の予算項目

一般家計に例えると

平成22年度

平成21年度

増減額

市税

給料

189.9万円

193.9万円

▲4.0万円

国県支出金・地方交付税・各種交付金など

親からの仕送り

210.3万円

211.6万円

▲1.3万円

基金繰入金

預金取り崩し

6.8万円

2.2万円

4.6万円

市債

ローン借入

60.8万円

68.7万円

▲7.9万円

負担金、使用料、諸収入など

パート収入

26.4万円

25.1万円

1.3万円

寄附金・財産収入など

その他

5.8万円

7.4万円

▲1.6万円

合計

合計

500.0万円

508.9万円

▲8.9万円

支出(歳出)

市の予算項目

一般家計に例えると

平成22年度

平成21年度

増減額

人件費

食費

91.2万円

88.6万円

2.6万円

扶助費

医療費・保険料・子どもの教育費

92.6万円

70.8万円

21.8万円

普通建設事業費

家の増改築

65.2万円

78.5万円

▲13.3万円

積立金

貯金

0.7万円

10.3万円

▲9.6万円

公債費

ローン返済

53.3万円

53.0万円

0.3万円

物件費

光熱水費等

59.5万円

58.0万円

1.5万円

維持補修費

家具・車の修理

4.2万円

4.5万円

▲0.3万円

他会計繰出金・補助費

子どもへの仕送り

108.7万円

135.4万円

▲26.7万円

投資及び出資金・貸付金

その他の雑費

6.3万円

4.3万円

2.0万円

合計

合計

481.7万円

503.4万円

▲21.7万円

平成22年度決算の歳入500.0万円と歳出481.7万円の差額18.3万円は、貯金(積立金)や平成23年度の資金として使用されます。

平成22年度の決算を市民1人あたりに換算してみると・・・

 

多賀城市

多賀城市
(前年度)

県内12市平均

県内12市平均
(前年度)

収入額

32万3,741円

(32万7,566円)

42万2,134円

(41万4,163円)

うち市税(市民一人あたりの市税負担額)

12万2,987円

(12万4,796円)

11万349円

(11万2,150円)

支出額

31万1,907円

(32万4,004円)

40万3,314円

(40万2,487円)

総務費

3万5,701円

(5万8,609円)

5万4,379円

(6万6,850円)

民生費

10万4,816円

(8万6,507円)

11万2,371円

(9万5,542円)

衛生費

1万8,306円

(1万9,807円)

3万7,524円

(3万8,827円)

土木費

4万9,476円

(4万5,809円)

4万2,206円

(4万4,643円)

教育費

4万2,565円

(5万6,173円)

4万7,919円

(4万7,675円)

公債費

3万4,500円

(3万4,115円)

5万2,495円

(5万2,474円)

その他

2万6,543円

(2万2,984円)

5万6,420円

(5万6,476円)

貯金残高(基金残高)

6万4,275円

(6万6,515円)

8万7,211円

(7万7,261円)

ローン残高(市債残高)

34万4,620円

(33万1,712円)

44万1,355円

(43万5,781円)

≪参考≫平成22年度多賀城市決算カード

平成22年度の多賀城市の普通会計の決算状況をまとめましたので、ご覧になりたい方はダウンロードしてください。

平成22年度多賀城市決算カード(PDF:102KB)

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室財政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:215・216)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?