ホーム > 市政情報 > 予算・財政 > 財政状況・決算 > 財政状況(平成18年度決算)

ここから本文です。

更新日:2016年7月14日

財政状況(平成18年度決算)

多賀城市の財政状況を市民の皆さんに広く知っていただくため、毎年6月と12月の年2回、公表しているものです。

今回は、平成18年度決算についてお知らせします。

平成18年度各種会計決算状況について

市の会計は、大きく一般会計(行政の基本的な経費)と特別会計(特定の事業を特定の収入で賄う経費)、企業会計(独立採算を基本とした経費)に分けられます。

平成18年度各種会計の決算状況

平成18年度各種会計の決算状況

区分

歳入(収入)

歳出(支出)

一般会計

177億2,942万円

175億8,891万円

国民健康保険

48億8,693万円

47億7,648万円

老人保健

38億4,043万円

38億2,566万円

介護保険

22億782万円

21億3,458万円

下水道事業会計

区分

収入

支出

収益的収入及び支出

24億4,267万円

24億3,399万円

資本的収入及び支出

8億4,989万円

17億9,367万円

合計

32億9,256万円

42億2,766万円

水道事業会計

区分

収入

支出

収益的収入及び支出

19億9,284万円

17億232万円

資本的収入及び支出

2億1,059万円

5億3,750万円

合計

22億343万円

22億3,982万円

平成18年度普通会計決算状況について

普通会計とは、市町村ごとの会計を統一したルールで比較できるように調整し直したものです。

平成18年度普通会計決算状況について

歳入

歳入状況

市税は増加しましたが、三位一体の改革によって地方交付税や国県支出金が大幅に減少したことで17年度と比較して3,578万円の減となりました。

  • 市税は、市民税の税率改正や市たばこ税の引き上げにより809万円の増加となりました。
  • 地方交付税は「三位一体の改革」による総額の抑制や税源が国から地方に移譲されたことで17年度と比較して6,779万円の減額となりました。
  • 国県支出金は17年度に実施された多賀城駅周辺の一部道路工事や衆議院議員選挙、県知事選挙などの事業が18年度実施されなかったことにより2億2,591万円の減額となりました。

歳出

歳出状況

児童手当、児童扶養手当の支給対象を拡大したことや生活保護費、医療費助成など福祉にかかる経費の増加や多賀城小学校校舎改築事業により全体で1億3,335万円の増となりました。

  • 民生費は児童手当、児童扶養手当の支給対象を拡大したことや生活保護費、医療費助成などの伸びにより1億6,268万円の増加となりました。
  • 土木費は多賀城駅周辺の道路工事一部終了により6億487万円の減額となりました。
  • 教育費は多賀城小学校校舎改築や多賀城史遊館施設整備により7億4,902万円の増加となりました。

歳入総額から歳出総額を差し引いた1億4,051万円のうち、19年度の事業へ繰り越すべき財源を差し引いた2,073万円が黒字となりました。これは今後の財政不安を解消するための財政調整基金(市の貯金)への積み立てと19年度への繰り越しとなりました。

財政状況は改善されたのか!?

18年度は、財政調整基金を使わずに決算をすることができましたが、17年度より収入(歳入)が3,578万円減ったうえに、支出(歳出)が1億3,335万円増えたことで大変厳しい状況であることに変わりはありません。

また、財政状況を示す指標の一つである「経常収支比率」は100.0%と前年度に比べて0.3%改善されました。この「経常収支比率」とは、毎年継続的に入ってくる市税等の収入が毎年継続的に支払われる支出にどれくらい充てられているかを見るものです。100%の場合、お金の使い道は全て決まっており、新たな事業を実施する場合は貯金や借金で賄わなければいけないということなのでまだまだ厳しい財政状況が続きます。

経常収支比率

改善するために

これらの状況を改善するため、市では様々な取り組みを行ってきました。収入の面では新たな財源の確保として、ホームページや封筒への広告掲載や公共施設の使用料などの見直し、支出の面では事務事業の見直しや職員人件費の縮減などに取り組んでいます。

今後とも市民の皆さんが本当に必要とするサービスの提供を続けるために、更なる事業の効率化や経費の節減に取り組んで行きます。

平成18年度の主な事業

多賀城小学校校舎改築事業・・・9億6,717万円

17年度に引き続き校舎改築工事を実施しました。

多賀城史遊館施設整備事業・・・1億1,553万円

文化財の一層の啓発のために、市内で発掘された文化財の展示施設の整備事業を行いました。

JR仙石線連続立体交差事業・・・1億3,825万円

県の事業であるJR仙石線連続立体交差事業の建設費を負担しました。

多賀城駅周辺地区整備事業・・・2億3,349万円

多賀城駅周辺土地区画整理事業に係る家屋などの移転補償、造成工事などが行われました。

などなど

市の財政を身近なものに

18年度普通会計決算を約3,500分の1である年収500万円の家計に置き換え、17年度と比較してみました。

平成18年度の歳入を年収500万円の家計にしてみると・・・

収入(歳入)

平成17年度

平成18年度

給料(市税)

210万円

210万円

親からの仕送り(国県支出金・地方交付税・各種交付金など)

199万円

198万円

預金取り崩し(基金繰入金)

5万円

10万円

ローン借り入れ(市債)

49万円

41万円

パート収入(負担金、使用料、諸収入など)

27万円

27万円

その他(寄附金・財産収入など)

11万円

14万円

合計

501万円

500万円

給料(市税)は17年度と同額でしたが、親からの仕送り(国県支出金・地方交付税・各種交付金など)が1万円減ったため、不足分を預金の取り崩し(基金繰入金)により対応しました。ローン借り入れ(市債)は借金を増やさないようにしているため8万円減っています。

平成18年度の歳出を年収500万円の家計にしてみると・・・

支出(歳出)

平成17年度

平成18年度

食費(人件費)

111万円

109万円

医療費・保険料・子どもの教育費(扶助費)

60万円

65万円

家の増築・改築費(普通建設事業費)

59万円

65万円

貯金(積立金)

0円

0円

ローン返済(公債費)

62万円

62万円

光熱水費等(物件費)

62万円

57万円

家具・車の修理(維持補修費)

5万円

4万円

子どもへの仕送り(他会計繰出金・補助費)

131万円

134万円

その他の雑費(投資及び出資金・貸付金)

6万円

4万円

合計

496万円

500万円

医療費・保険料・子どもの教育費(扶助費)は5万円の増、また家の増築・改築費(普通建設事業費)が6万円増えました。そのため、食費(人件費)や光熱水費等(物件費)を頑張って切り詰めましたが、全体的に4万円も支出は増えてしまいました。

医療費・保険料・子どもの教育費(扶助費)は増加傾向にあります。

市債(借金)の現在高

市では、学校建築や道路工事、水害対策としてポンプ場建設のための多額の費用を借金により賄っています。現在の市債(借金)残高は205億99百万円となっています。この借金は毎年返済していかなければならないため、市では返済額よりも借金をせず、着実に借金を減らしていくこととしています

市債残高

多賀城市の総合的な財政状況は?

多賀城市の会計には、特別会計や企業会計、ごみなどの処理をしている一部事務組合への負担や第三セクターなどへの出資があります。

それらの関係する団体の財政状況を次のとおりまとめましたので、ご覧ください。

他の市町村の総合的な状況は、宮城県でまとめて公開しているので、こちら(宮城県ホームページ「市町村財政状況等一覧表」)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

また、印刷してご覧になりたい方は、次のデータをダウンロードしてください。

平成18年度多賀城市の総合的な財政状況一覧表(PDF:20KB)

≪参考≫平成18年度多賀城市決算カード

平成18年度の多賀城市の普通会計の決算状況をまとめましたので、ご覧になりたい方は、ダウンロードしてください。

平成18年度多賀城市決算カード(PDF:28KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室財政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:215・216)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?