ホーム > 市政情報 > 予算・財政 > 財政状況・決算 > 財政状況(平成16年度決算)

ここから本文です。

更新日:2015年5月25日

財政状況(平成16年度決算)

多賀城市の家計簿とも言える「財政のおしらせ」は、市民の皆さんに財政状況を広く知っていただくため、毎年6月と12月の年2回、公表しているものです。

今回は、平成16年度決算に関する事項についてお知らせします。

平成16年度普通会計決算普通会計って何だ?

“かわらどん”だよ! “ドッキー”です!

かわらどん ドッキー

かわらどん

それでは、まず、普通会計の歳入と歳出から見ていこうか。

ドッキー

ちょっと待って!僕はもう知っているけど普通会計って何だっけ?

市の予算書には、一般会計と特別会計と企業会計しか載ってないから、分からない人もいるだろうから教えてよ。

かわらどん

そうだね、ごめん、ごめん。

簡単に説明すると、市町村は、その地域の実状に応じて行政を運営しているから、それぞれの市町村ごとに行政内容が違っているんだよ。

それに、市町村のなかには、これらの経理を明確にするために、一般会計や企業会計とは別に、特別会計という別のサイフで管理することもあるんだ。

多賀城市のそれぞれの会計の決算状況は、次の表のとおりなんだけど、一般会計だけでは各市町村間の比較ができないから、統一したルールで比較できるようにしたのが「普通会計」ってわけなんだよ。

平成16年度普通会計決算前年度と比較してみよう

ドッキー

なるほどね。同じルールで統一しないと比較しにくいもんね。

それじゃあ、さっそく歳入から見ていこうか。平成16年度の決算は、表のとおりになっているようだけど、前年度の決算と比較してどうなんだろう?

かわらどん

平成16年度の歳入の決算額は、前年度の決算と比較して14億1,918万円も少なくなって、歳出の決算額は、前年度と比較すると、14億3,742万円も少なくなったんだよ。

平成16年度普通会計の決算状況

平成16年度普通会計の決算状況(歳入)
区分 平成16年度 平成15年度 比較
市税

73億4,310万円

74億3,033万円

▲8,723万円

地方交付税

32億884万円

30億3,606万円

1億7,278万円

国県支出金 25億5,673万円

27億5,733万円

▲2億60万円

市債

15億590万円

20億3,120万円

▲5億2,530万円

繰入金

3億1,891万円

3億5,107万円

▲3,216万円

諸収入

6億6,833万円

6億7,728万円

▲895万円

その他

21億222万円

28億3,994万円

▲7億3,772万円

歳入合計

177億403万円

191億2,321万円

▲14億1,918万円

平成16年度普通会計の決算状況(歳出)
区分 平成16年度 平成15年度 比較
民生費

40億5,037万円

38億5,016万円

2億21万円

土木費

38億8,929万円

40億8,441万円

▲1億9,512万円

教育費

23億2,989万円

33億168万円

▲9億7,179万円

総務費

22億9,445万円

22億300万円

9,145万円

公債費

19億7,721万円

23億6,133万円

▲3億8,412万円

衛生費

14億8,509万円

15億5,209万円

▲6,700万円

その他

12億9,758万円

13億3,444万円

▲3,686万円

歳出合計 173億2,388万円 187億6,130万円 ▲14億3,742万円
平成16年度普通会計の決算状況
区分 平成16年度 平成15年度 比較
歳入歳出差引額

3億8,015万円

3億6,191万円

1,824万円

実質収支 3億3,274万円 2億1,492万円 1億1,782万円
翌年度に繰り越すべき財源

4,741万円

1億4,699万円

▲9,958万円

平成16年度各種会計の決算状況

平成16年度各種会計の決算状況
区分 歳入(収入) 歳出(支出)
一般会計

193億2,386万円

189億4,371万円

国民健康保険特別会計

41億3,766万円

39億7,924万円

下水道事業特別会計

41億8,176万円

41億7,751万円

老人保健特別会計

37億2,447万円

37億2,445万円

介護保険特別会計

19億2,040万円

19億101万円

平成16年度水道事業会計(企業会計)の決算状況
区分 収入 支出
収益的収入及び支出

19億590万円

17億2,167万円

資本的収入及び支出

8,469万円

4億4,228万円

合計

19億9,059万円

21億6,395万円

ドッキー

ずいぶん決算の規模が小さくなったんだねぇ!どうして?

かわらどん

平成15年度においては、多賀城小学校の屋内運動場の新増改築工事を行ったこと、それから、市が貸していた貞山高校の土地を宮城県に売ったこと、また、市の借金のうち、金利の高い借金を金利の低いものに借り換えたりしたので、平成16年度は、平成15年度と比較して約14億円も決算規模が小さくなったんだよ。

ドッキー

そうなのか~。それじゃあ平成16年度は、どんな内容のことをやったのかなぁ。

かわらどん

平成16年度の主な事業や新たな事業は、次に掲載したから、見てね。

ドッキー

なるほどね~、こんな内容のことをやって、これだけお金がかかっていたんだね~。

その結果、平成16年度は歳出が約173億円って訳なんだね。

かわらどん

そうなんだ。わかってもらえたかな?

平成16年度は、こんな事業を行ったんだよ

多賀城駅周辺土地区画整理事業・・・7億3,458万円

多賀城駅周辺土地区画整理事業に係る用地買収や家屋等の移転補償、造成工事等を行いました。

文化センター大規模改修事業・・・2億1,210万円

省エネや環境対策に配慮するため、施設の動力部分の改修を行いました。

健康診査事業・・・1億2,879万円

要医療者の早期発見と医療機関での受診を勧奨するため、基本健診や各種がん検診や骨粗鬆症検診を行いました。

電子計算機室移転事業・・・1億2,075万円

皆さんの個人データを地震などから守るため、耐震化を行うとともに、セキュリティを強化しました。

JR仙石線連続立体交差事業・・・1億814万円

県事業であるJR仙石線連続立体交差事業の建設負担を行いました。

多賀城市民スポーツクラブ育成事業・・・7,116万円

各種体育事業及び総合体育館や市民プール等の施設運営を業務委託しました。

七ヶ浜町公園墓地「蓮沼苑」使用許可譲渡事業・・・6,500万円

七ヶ浜町公園墓地「蓮沼苑」の使用許可譲渡(100区画)を行いました。

多賀城小学校改築事業・・・5,222万円

老朽化した多賀城小学校の改修のための設計などを行いました。

多賀城市木造住宅等耐震対策事業・・・1,064万円

多賀城市内の一般住宅に対する耐震診断士の派遣や改修計画や改修工事費の助成、スクールゾーンの危険ブロック塀調査などを行いました。

多賀城廃寺施設整備事業・・・846万円

多賀城跡附寺跡に新しいトイレを設置しました。

などなど

自主財源の割合が半分じゃ安心できない!?

ドッキー

ところで、市町村が自主的に調達できる財源を自主財源って言うんだっけ?それの割合は、平成16年度はどうなの?

かわらどん

平成15年度が53.2%で、平成16年度が51.6%だから、1.6%低くなって、自主財源の割合が下がってしまったよ。

下がったということは、地方交付税や国や県からの補助金などに頼った体質になっているということだから、決して良い状態とは言えないね。

ドッキー

どうして良い状態じゃないの?半分は自主的に集めて、半分は地方交付税や国や県からの補助金でまかなえるんだから、悪い状態じゃないんじゃないの?

かわらどん

う~ん。現在、国では、平成18年度までに、国から地方に交付する地方交付税と補助金を減らして、その代わりに国税の一部を地方税に移譲する「三位一体の改革」を進めているんだ。

でも、地方交付税や補助金などの減らされる額と、税として地方に移譲される額は同額ではなく、総体的な歳入としては減収になると言われているんだ。

ドッキー

僕に例えれば、自主財源はアルバイト代で、地方交付税や国や県からの補助金は、親からの仕送りみたいなもんだよな。

今でも何とかやりくりしているのに、仕送りが無くなったら、相当厳しいな…。

かわらどん

そうだろ?だから自主財源というのは、大きな割合を占めている方が良しとされているのさ。

自主財源比率

決算を市民一人当たりで見てみよう

ドッキー

う~ん。平成16年度がどんな内容だったのかとかは、何となく分かったけど、あんまり金額が大きくて、今ひとつピンとこないな~。

かわらどん

それじゃあ、市民一人当たりの金額に置き換えてみようか。下の図を見てくれるかな。

市民一人当たりの収入は?

平成17年3月31日現在の人口(61,892人)で計算しています。

市民一人当たりの収入
区分 市民一人当たりの収入額 主な内容
市税

118,644円

市民税や固定資産税、軽自動車税などです。
地方交付税

51,846円

市の財政力に応じて国から交付されるお金で、使い道に制限はありません。
国県支出金

41,310円

国や県から支出されるお金で、使い道が決められています。
市債

24,331円

市が事業を行う際に借り入れしたお金です。
諸収入

10,798円

学校給食費や健(検)診などの受診料、貸し付けしたお金の返済金などです。
繰入金

5,153円

市の貯金に当たる基金を取り崩したお金です。
その他

33,966円

公民館などの使用料や窓口などの手数料、寄附金や財産収入などです。

286,048円

 

市民一人当たりの収入

市民一人当たりの支出は?

収入と同じで、平成17年3月31日現在の人口(61,892人)で計算しています。

市民一人当たりの支出
区分 市民一人当たりの支出額 主な内容
民生費

65,443円

お年寄りや障害を持っている方々へのお世話の費用や、保育所などの費用です。
土木費

62,840円

道路の舗装や公園の整備などの費用です。
教育費

37,645円

小中学校の施設の整備や、文化事業やスポーツ事業などの費用です。
公債費

31,946円

市が事業を行う際に借り入れしたお金を返す費用です。
総務費

37,072円

市民課などの窓口サービスや選挙などの費用です。
衛生費

23,995円

予防接種やごみ処理などの費用です。
その他

20,965円

農業や商工業、議会や消防などの費用です。

279,906円

 

市民一人当たりの支出

ドッキー

これくらいの金額だと、分かりやすいね。支出については、平成15年度の決算と同様にやっぱりまだ土木費の割合が大きいけど、平成16年度からは、民生費の方が大きくなってきたね。

かわらどん

そうだね。土木費は大きな建設事業である、多賀城駅周辺の土地区画整理事業やJR仙石線の連続立体交差事業などがまだ進められているからね。

民生費については、最低限の生活に必要な経費に対する援助や少子化対策のための経費、高齢者の方々に対するサービスなどが増えてきて、土木費を上回ってきたんだよ。

収入については、市民一人当たり合計で28万6,048円の収入があったんだけど、その内訳は、市税の11万8,644円のほかに、国や県からの補助金や地方交付税で支出に対して不足する分の4分の3を補い、残る4分1を市の貯金に当たる基金から下ろしたり、借金をしたりして補っていたんだよ。

市の貯金…基金ってどういうもの?

ドッキー

ん?基金?それってどのくらいあるの?

かわらどん

基金にも種類があって、使い道が決まっている特定目的基金と、財源不足を補う財政調整基金というのがあるんだ。家庭で言えば、将来の大きな買い物や子どもの進学のために積み立てている定期預金が特定目的基金で、財政調整基金は、月々の家計がピンチのときに下ろす普通預金ってところかな。次の表は、財政調整基金の推移を表したものなんだけど、歳入が伸び悩んでいるから最近は下ろす一方だったんだけど、平成16年度は、財政調整基金を使わずに執行できたうえに、積み立てることもできたんだよ。

でも、特定目的基金については、事業の実施に伴って取り崩す必要がある場合があるので、市では、十分に注意して取り崩すかどうかを決めているんだよ。

無計画に基金を取り崩して基金がなくなってしまったら、その分を借金に頼ったりする「赤字」という状態になってしまうからね。

ドッキー

そうだよね~。貯金があるからって、大手を振ってちゃいけないよね。目的を持って貯金したのだから、計画的に取り崩さないとね。

財政調整基金残高の推移

経常収支比率が97.1%!?

ドッキー

だいたい理解できたけど、他の市はどうなっているんだろう?今いち、多賀城市の財政状況がどの程度なのかつかめないな~。

もっと簡単に一目で判るものってない?

かわらどん

そうだな~。一般的に財政運営の健全性や弾力性を判断するための指標の中から、今回は「経常収支比率」を使って説明しよう。

これは、簡単に言えば、財政にどれだけ余裕があるかをみることができるものだよ。市町村にも、毎年、必ず払わなくちゃいけないお金があるよね。

ドッキー

えーと。家賃や食費とか?

かわらどん

普通はそうだけど、市町村の場合は、道路や学校などを維持したり、社会保障制度を維持したり、これまでの借金の返済金もそうだね。このように、必ず支払わなければならないお金が、歳入の中で市税などの使い道が自由なお金に占める割合のことを「経常収支比率」っていうんだ。

この比率が低いほど自由に使えるお金が多いということになるんだよ。多賀城市の場合は、次の棒グラフのとおり、97.1%になっているよ。ちなみに、仙台市を除いた県内9市の平均も折れ線グラフで掲載したので比較してみてね。

ドッキー

じゃあ、お財布の中に1万円が入っていても、9,710円は、もう使い道が決まっているから、自由に使えるお金は290円だけってこと?

かわらどん

残念ながらそのとおり。一般的に市の場合は、80%を超えると財政的に余裕がないとされ、90%を超えると危険であるといわれているんだ。

100%を超えれば市税などの経常的な収入だけでは賄えきれなくなり、借金に頼らなければならない状態と言うことになる…。

ドッキー

290円しか自由にできないのか。厳しい…。

というよりも90%超えて100%に近い比率じゃない!危険じゃないか。どうしよう、かわらどん!

かわらどん

そうなんだドッキー…、他の市もそうだけど、市町村の財政状況は、これまでに経験したことのない非常に厳しいものとなっているんだ。

特に多賀城市については、今までに借り入れした借金の返済がピークにあるし、現在進めている多賀城駅周辺土地区画整理事業や小学校の改修なんかも待ったなしの状態だから、極めて厳しい状態になっているんだ…。

多賀城市では、この難しい局面を乗り切るために、借金を増やさない方針としたほかに、「財政の健全化」を推進して、持続可能な財政運営を確立することを目的に、平成17年度当初予算では、仕事をスリム化して人件費や事務経費の削減を図ったり、政策や施策の内容をより厳選したりしているんだ。

しかし、本格化してきた国の「三位一体の改革」や長引く景気の低迷などによって、さっき僕が説明した市の貯金である「財政調整基金」を取り崩して予算を編成し、今までにない厳しい状況の中で市の運営を行っているんだ。

当面、経済局面がすぐには好転しないだろうから、平成18年度以降もより一層市役所と市民が一体となって、今まで以上の「財政の健全化」を推進しなければならないんだよ。

現在、市では、平成18年度の予算や今後の財政運営をどのようにしていくか対策を練っているところなのだけれども、「最少の経費で最大の効果」を念頭に、これからの行政サービスの方策を検討しているところなんだよ。

ドッキー

そうか。僕らも、自分たちのまちなんだから、市の財政状況に今まで以上に関心を持たなくてはいけないね。

経常収支比率

≪参考≫平成16年度多賀城市決算カード

平成16年度の多賀城市の普通会計の決算状況をまとめましたので、ご覧になりたい方は、ダウンロードしてください。

平成16年度多賀城市決算カード(PDF:26KB)

問い合わせ・ご感想は

ご覧いただきまして、ありがとうございました。「財政状況」については、今までも毎年2回お知らせしてきましたが、言葉や内容が難しく、わかりにくいためにあまり関心を持っていただけませんでした。そこで、今回ホームページのキャラクターの言葉を借りて、できるだけわかりやすく、親しみやすいよう、大幅に表現を改めました。いかがでしたか。「ここがわかりにくかった」「こんなことも知りたい」という感想、ご意見をぜひメールでお寄せください。

もっとわかりやすいページとなるよう、次回のお知らせの参考とさせていただきます。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室財政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:215・216)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?