ホーム > 市政情報 > 予算・財政 > 財政状況・決算 > 財政状況(平成14年度決算)

ここから本文です。

更新日:2015年5月25日

財政状況(平成14年度決算)

多賀城市の家計簿とも言える「財政のおしらせ」は、市民の皆さんに財政状況を広く知っていただくため、毎年6月と12月の年2回、公表しているものです。

今回は、平成14年度決算に関する事項についてお知らせします。

平成14年度普通会計決算前年度と比較してどうなんだろう?

“かわらどん”だよ! “ドッキー”です!

かわらどん ドッキー

ドッキー

さっそく歳入から見ていこうか。

平成14年度の決算は、次のとおりになっているようだけど、前年度の決算と比較してどうなんだろう?

かわらどん

去年の広報やホームページを見てもらえば分かるんだけど、平成13年度の歳入の決算額は、202億9,085万円だったから、差し引くと6億1,309万円少なくなったようだね。

平成13年度は、主には、国府多賀城駅や学校給食センターなどの大きな建設事業があって、それによる国や県からの補助金と国府多賀城駅建設に対する寄附金が大きかったからね。

ドッキー

なるほど、平成13年度は、それだけ建設事業が大きかったってことだね。

次に歳出を見てみよう。え~と、去年のデータを見ると平成13年度の決算額は、196億4,598万円だったから、差し引きすると、7億5,321万円も少なくなったんだね。

かわらどん

すごい、ドッキーも去年のデータをちゃんと確認したんだね、さすが。

そのとおり。大きく決算額が減少しているね。

これは、さっき歳入でも説明したとおり、主には、大きな建設事業が終了したことによるものだね。

平成14年度普通会計の決算状況

歳入196億7,776万円

  • 市税78億4,829万円
  • 地方交付税33億1,206万円
  • 国県支出金26億8,049万円
  • 市債22億4,630万円
  • 繰入金8億6,643万円
  • 諸収入6億288万
  • その他21億2,131万円

歳出188億9,277万円

  • 土木費56億8,743万円
  • 教育費26億6,065万円
  • 民生費33億8,162万円
  • 総務費22億300万円
  • 公債費21億2,033万円
  • 衛生費14億6,520万円
  • その他13億7,454万

歳入合計

196億7,776万円
歳出合計

188億9,277万円
歳入歳出差引額

7億8,499万円
翌年度に繰り越すべき財源

2億738万円
実質収支

5億7,761万円

平成14年度各種会計の決算状況

区分

歳入(収入)

歳出(支出)

一般会計

196億7,500万円

188億9,001万円

国民健康保険特別会計

35億426万円

34億9,730万円

下水道事業特別会計

54億5,037万円

53億7,823万円

老人保健特別会計

36億7,313万円

36億2,863万円

介護保険特別会計

14億8,622万円

14億7,337万円

水道事業会計(企業会計)

21億3,556万円

22億5,906万円

自主財源の割合が半分じゃ安心できない!?

ドッキー

ところで、市町村が自主的に調達できる財源を自主財源っていうんだっけ?

それの割合は、平成14年度はどうなの?市税は前年度と比較すると増えているよね。

かわらどん

平成13年度が52.2%で、平成14年度が52.6%だから、0.4ポイント良くなったよ。

でも、まだまだ半々って感じだから、安心はできないね。

ドッキー

どうして安心しちゃいけないの?

半分は自主的に集めて、半分は地方交付税や、国とか県からの補助金でまかなえるんだから、いいんじゃないの?

かわらどん

う~ん。まだまだ甘いなドッキーくん。

仮に地方交付税がなくなって、国や県からの補助金が減ったらどうなるかな?

ドッキー

僕に例えれば、自主財源はアルバイト代で、地方交付税や、国とか県からの補助金は、親からの仕送りみたいなもんだよな。

今でも何とかやりくりしているのに、仕送りが無くなったら、相当厳しいな…。

かわらどん

そうだろ?

だから自主財源というのは、大きな割合を占めている方が良しとされているのさ。

自主財源比率

決算を市民一人当たりで見てみよう

ドッキー

う~ん。何となく分かったけど、あんまり金額が大きくて、今ひとつピンとこないな~。

かわらどん

それじゃあ、市民一人当たりの金額で見てみようか。

次の図を見れば分かると思うけど。

市民一人当たりの収入は?

平成15年3月31日現在の人口(61,046人)で計算しています。

市民一人当たりの収入

区分

市民一人当たりの収入額

主な内容

市税

128,564円

市民税や固定資産税、軽自動車税などです。

地方交付税

54,255円

市の財政力に応じて国から交付されるお金で、使い道に制限はありません。

国県支出金

43,909円

国や県から支出されるお金で、使い道が決められています。

市債

36,797円

市が事業を行う際に借り入れしたお金です。

繰入金

14,193円

市の貯金に当たる基金を取り崩したお金です。

諸収入

9,876円

学校給食費や健(検)診などの受診料、貸し付けしたお金の返済金などです。

その他

34,749円

公民館などの使用料や窓口などの手数料、寄附金や財産収入などです。

322,343円

 

市民一人当たりの収入

市民一人当たりの支出は?

収入と同じで、平成15年3月31日現在の人口(61,046人)で計算しています。

市民一人当たりの支出

区分

市民一人当たりの支出額

主な内容

土木費

93,166円

道路の舗装や公園の整備などの費用です。

民生費

55,395円

お年寄りや障害を持っている方々へのお世話の費用や、保育所などの費用です。

教育費

43,584円

小中学校の施設の整備や、文化事業やスポーツ事業などの費用です。

総務費

36,087円

市民課などの窓口サービスや選挙などの費用です。

公債費

34,733円

市が事業を行う際に借り入れしたお金を返す費用です。

衛生費

24,002円

予防接種やごみ処理などの費用です。

その他

22,517円

農業や商工業、議会や消防などの費用です。

309,484円

 

市民一人当たりの支出

ドッキー

これくらいの金額だと、分かりやすいね。

支出については、やっぱりまだ土木費の割合が大きいね。

かわらどん

そうだね。

さっき話した国府多賀城駅や学校給食センターの建設などは完了したけど、多賀城駅周辺の土地区画整理事業や城南地区の市街地整備事業などは、まだ進んでいるからね。

収入については、市民一人当たり合計で32万2,343円の収入があったんだけど、その内訳は、市税の12万8,564円のほかに、支出に対して不足する分を国や県からの補助金や地方交付税のほか、市の貯金に当たる基金から下ろして補っていたんだよ。

市の貯金…基金ってどういうもの?

ドッキー

ん?基金?それってどのくらいあるの?

かわらどん

基金にも種類があって、使い道が決まっている特定目的基金と、財源不足を補う財政調整基金というのがあるんだ。

家庭で言えば、将来の大きな買い物や子どもの進学のために積み立てている定期預金が特定目的基金で、財政調整基金は、月々の家計がピンチのときに下ろす普通預金ってところかな。

次の表は、財政調整基金の推移を表したものなんだけど、歳入が伸び悩んでいるから最近は下ろす一方なんだ。

財政調整基金残高の推移

経常収支比率が90.5%!?

ドッキー

だいたい理解できたけど、他の市はどうなっているんだろう?

今いち、多賀城市の財政状況がどの程度なのかつかめないなー。

もっと簡単に一目で判るものってない?

かわらどん

そうだな~。

一般的に財政運営の健全性や弾力性を判断するための指標の中から、今回は「経常収支比率」を使って説明しよう。

これは、簡単に言えば、財政にどれだけ余裕があるかをみることができるものだよ。

市町村にも、毎年、必ず払わなくちゃいけないお金があるよね。

ドッキー

えーと。家賃や食費とか?

かわらどん

普通はそうだけど、市町村の場合は、道路や学校などを維持したり、生活に困っている人を援助したり、これまでの借金の返済金もそうだね。

このように、必ず支払わなければならないお金が、歳入の中でも市税などの使い道が自由なお金に占める割合のことを「経常収支比率」っていうんだ。

この比率が低いほど自由に使えるお金が多いということになるんだよ。

多賀城市の場合は、次の棒グラフのとおり、90.5%になっているよ。

ちなみに、県内10市の平均も折れ線グラフで掲載したので比較してみてね。

ドッキー

じゃあ、お財布の中に1万円が入っていても、9,050円は、もう使い道が決まっているから、自由に使えるお金は950円だけってこと?

かわらどん

残念ながらそのとおり。

一般的に市の場合は、80%を超えると財政的に余裕がないとされ、90%を超えると危険であるといわれているんだ。

ドッキー

950円しか自由にできないのか。心細いね…。

というよりも90%超えているじゃない!危険じゃないか。どうしよう、かわらどん!

かわらどん

落ち着くんだドッキー、他の市もそうだけど、市町村の財政状況は、これまでに経験したことのない非常に厳しいものとなっているんだ。

多賀城市では、この難しい局面を乗り切るために、「財政の健全化」を推進して、平成15年度当初予算では、持続可能な財政運営を確立するために、借金を増やさず、貯金(財政調整基金)を下ろさない方針としたんだ。

それに、これを実現するために、人件費や事務経費を削減して、仕事のスリム化を図ったり、政策や施策の内容をより厳選したりしているんだ。

当面、経済局面がすぐには好転しないだろうから、市と市民が一体となって、「財政の健全化」を推進しなければならないんだよ。

ドッキー

なるほどね。

僕らも、財政状況にもっと関心を持たなくちゃいけないね。

経常収支比率

≪参考≫平成14年度多賀城市決算カード

平成14年度の多賀城市の普通会計の決算状況をまとめましたので、ご覧になりたい方は、ダウンロードしてください。

平成14年度多賀城市決算カード(PDF:20KB)

問い合わせ・ご感想は

ご覧いただきまして、ありがとうございました。

「財政状況」については、今までも毎年2回お知らせしてきましたが、言葉や内容が難しく、わかりにくいためにあまり関心を持っていただけませんでした。

そこで、ホームページのキャラクターの言葉を借りて、できるだけわかりやすく、親しみやすいよう、大幅に表現を改めました。いかがでしたか。

「ここがわかりにくかった」「こんなことも知りたい」というご感想、ご意見をぜひメールでお寄せください。

もっとわかりやすいページとなるよう、次回のお知らせの参考とさせていただきます。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室財政経営担当 

〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:215・216)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?