ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

宅地かさ上げ等費用支援補助金制度

東日本大震災により地盤沈下した地域のうち、特に雨水浸水のおそれがある地域において自宅を再建する被災者を対象に、市独自の支援策として宅地かさ上げ等の防災対策工事費用の一部を補助し、被災者の住宅再建を支援します。

対象者

次の全ての要件を満たす方が対象となります。

  • 東日本大震災により、居住していた住宅が半壊、大規模半壊又は全壊の被害を受けた方
  • 対象地域内で、自宅再建のために宅地かさ上げ等の対象工事を行う方

対象地域

地盤沈下により、宅地の標高が大潮満潮位未満となった地域として、市長が指定した地域が対象となります。

現時点で対象となるのは次の地域ですが、市で実施する測量の結果により対象地域を追加することがあります。

対象地域

桜木2丁目5番から9番まで及び栄1丁目1番、3番、4番 対象地域位置図(PDF:1,964KB)

対象工事

対象者自らが行う次のいずれかの防災対策工事が対象となります。

なお、共同住宅、店舗、事務所など、自宅建築以外のための防災対策工事は対象とはなりません。

  • 宅地を50センチメートル以上盛土する工事(盛土後、直ちに自己居住用の住宅を建築する場合に限ります。)
  • 住宅基礎を50センチメートル以上かさ上げする工事(既存の住宅がある場合に限ります。)

補助金額

100万円を限度として、対象工事費用の2分の1(千円未満切り捨て)の額を補助します。

補助期間

平成24年度~平成29年度

平成30年3月31日までに工事が完了するものが対象となります。

申請方法

補助金交付申請書に必要事項を記入し、必要書類を添えてお申し込みください。

補助金交付申請書は、こちらからダウンロードしてご利用いただけます。

多賀城市宅地かさ上げ等費用支援補助金交付申請書(ワード:35KB)

添付書類

  1. 登記事項証明書など、防災対策を行う宅地又は住宅の所有者が確認できる書類
  2. 防災対策を行う宅地又は住宅の位置図
  3. 工事前の現場写真
  4. 防災対策を行うための設計図書の写し
  5. 見積書又は契約書の写し(防災対策の工事の内容が記載されたもの)
  6. 市町村長が発行するり災証明書の写し
  7. その他(申請の内容によって必要となる書類)

注意事項

  • 原則、工事着手前に申請が必要ですが、補助の要件に合致したものに限り、平成23年3月11日以降に工事を行ったものについても対象となります。
  • 手続きを円滑に進めるため、申請前の事前相談をお願いします。
  • 申請手続きのフローについては、こちらをご覧下さい。宅地かさ上げ等費用支援補助金手続きフロー(PDF:110KB)

受付期間

平成24年7月2日(月曜日)から

(土曜日、日曜日、祝祭日及び年末年始は受付できません。)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部都市計画課都市計画係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:424・425)

ファクス:022-368-9069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?