• たがはぴdays

ここから本文です。

更新日:2020年6月1日

特別定額給付金

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」として、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、「特別定額給付金事業」を実施することになりました。

申請書は、令和2年5月18日(月曜日)付で一斉発送を行っています。

令和2年5月28日(木曜日)から順次振込を行っています(申請書到着後原則3週間以内の振込。記載漏れ、添付漏れなどにより内容確認が必要な場合は、内容確認後から3週間以内)。振込日が確定次第、決定通知書を送付しています。

特別定額給付金の申請から受給までの流れ

給付金の概要

が定める基準に基づき、次のように支給を行います。

給付対象者

準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている方

(注)基準日後に亡くなった方は、単身世帯の場合を除き、対象となります。基準日(令和2年4月27日)後に生まれた方は、対象となりません。

給付額

付対象者1人当たり10万円

(注)特別定額給付金は、法律により非課税になりますので、課税されません。

受給権者

民基本台帳に記録されている者の属する世帯の世帯主

偶者からの暴力を理由に避難している方などは、別途ご相談ください。

特別定額給付金の制度やオンライン申請に関するお問い合わせ

連絡先0120-260020(総務省特別定額給付金コールセンター)

応対時間9時~18時30分

国一律の制度となりますので、制度やオンライン申請の詳細については、上記総務省の専用コールセンターへお問い合わせいただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

(注意事項)

  • 現在、大変多くのお問い合わせをいただいており、お電話がつながりにくい時間帯があります。お電話がつながらない場合は、時間をおいてお掛け直しください。

時点での情報は、総務省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください(Q&Aなども掲載されています)。

申請から受付までの流れ

  1. 申請書の受取(全世帯の世帯主宛に市役所から郵送します。)5月18日(月曜日)に発送
  2. 申請送申請の受付期間は、5月20日(水曜日)から8月20日(木曜日)まで
  3. 給付金振込み(原則銀行口座などへの振込みとなります。)5月28日(木曜日)以降に順次

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、原則窓口での受付や現金支給は行いません。

受取口座がない方も、申請書の返送をお願いします。その場合の給付方法は、後日改めてお知らせします。

申請書がお手元に届かない方

申請書は、5月18日(月曜日)に一斉に発送しています。遅くとも5月22日(金曜日)までには、配送完了する見込みですので、少々お待ちください。

の方は、市で宛所がわからず、お手元に届かない可能性があります。

  • お引越しをされた方(特に転出届をお出しになった後に転入手続きを行っていない方)
  • 出産、入院、入所、出張、帰省などで住民登録のある場所ではない所にいる方
  • 基準日(4月27日)時点でいずれにも住民登録がない方

 

(注)ご不明な点については、お問合せください。個人情報保護の観点から、お電話口だけではお答えできないこともあります。

請書を多賀城市内の住所以外の場所に送付を依頼する場合には、次の書類を多賀城市役所あてに郵送をお願いします。居所、申請・受給者であることなどが確認とれ次第、ご依頼の居所あてに申請書をお送りします。

 

  1. 申請書送付依頼書(Word:35KB)
  2. 本人確認書類(運転免許証のコピー、マイナンバーカードのコピー、健康保険証のコピー、年金手帳のコピー、パスポートのコピーなど)
  3. 現在の居所を証明する書類(写し可。現在の居所が記載されている公的機関が発行した書類、公共料金領収書、居所の施設料金、ホテル代(複数日)の領収書など)

申請に必要な書類

  1. 申請書類
  2. 世帯主の本人確認書類(運転免許証のコピー、マイナンバーカードのコピー、健康保険証のコピー、年金手帳のコピー、パスポートのコピーなど)
  3. 振込を希望する銀行口座に係るキャッシュカードのコピーまたは通帳のコピー(口座番号がわかるページ)

(注)世帯主の本人確認書類は、オンライン申請を除き、必ず提出いただく書類となります。

(注)郵便申請では、マイナンバーカードがなくとも申請が可能です。

代理人になれる方

の方に限り、代理での申請や受給が可能です。

  • 同一世帯の方(世帯分離している場合は同一世帯とは見なされません。)
  • 法定代理人
  • 親族その他の平素から世帯主の身の回りの世話をしている者などで市長が特に認める者(入居施設の施設長、民生委員など)

理人の方が、申請や受給をする場合には、上記の申請に必要な書類に加えて、次の書類も必要となります。

  1. 代理人の本人確認書類(運転免許証のコピー、マイナンバーカードのコピー、健康保険証のコピー、年金手帳のコピー、パスポートのコピーなど)
  2. 世帯主と代理人の関係を関係がわかる書類(同一世帯の方は不要です。)

外国人の方へFor International Residents(COVID-19 Announcement 100,000 Yen per Person)

特別定額給付金についてのご案内

  1. 日本語Japanese(PDF:595KB)
  2. 英語English(PDF:492KB)
  3. 中国語簡体Chinese(PDF:672KB)
  4. 中国語繁体Chinese(PDF:587KB)
  5. 韓国語Korean(PDF:581KB)
  6. ベトナム語Vietnamese(PDF:481KB)
  7. フィリピン語Filipino(PDF:465KB)
  8. ポルトガル語Portuguese(PDF:465KB)
  9. スペイン語Spanish(PDF:465KB)
  10. インドネシア語Indonesian(PDF:466KB)
  11. タイ語Thai(PDF:546KB)
  12. ネパール語Nepali(PDF:574KB)

マイナンバーカードを用いたオンライン申請について

マイナンバーカードを用いたオンライン申請は、総務省の専用サイトから5月13日(水曜日)から8月20日(木曜日)まで行うことができます。

申請不備を避けるため、下記留意点をよくお読みの上、申請をお願いします(申請不備となりますと、給付までの期間が長くなります。)。

(注)郵便申請でもオンライン申請でも申請内容の確認の後、順次振込を行います。最も早い方の給付時期は、郵便申請同様に5月下旬を予定しています。

(注)郵便申請とオンライン申請両方の申請を行わないでください(誤って多重申請があった場合には、市の受理日が早いものが有効となります。)。

(注)全国からのアクセスが集中しており、サイトにつながりにくい時間帯があります。サイトにつながらない場合は、時間をおいてご申請ください(無理に申請しますと、申請データが市に届かないことがあります。)。

オンライン申請のための準備

  1. 世帯主のマイナンバーカード
  2. マイナンバーカード読取対応のスマートフォン(一部対応外の機種があります)またはPC+ICカードリーダ
  3. マイナポータルAPの検索、インストール
  4. マイナンバーカード受取時に設定した暗証番号(英数字6~16桁)(注)お忘れの場合は、住民票所在市町村の市民課などにお問い合わせください。
  5. 振込を希望する銀行口座に係るキャッシュカードの画像データまたは通帳の画像データ(金融機関、口座番号、口座名義人の全てがわかるページ)(注)画像が不鮮明ですと、不備となりますので、ご注意ください。

詳しくは、総務省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

(注)マイナンバーカードをこれから発行するには、概ね1か月ほどかかりますのでご注意ください。

オンライン申請時の留意点

  1. 世帯主の本人確認書類が不要となります(郵便申請では必要です。)。
  2. 郵便申請でもオンライン申請でも申請内容の確認の後、順次振込を行います。確認にかかる必要期間は、郵便申請と概ね同程度となります。
  3. 申請や受給は、世帯主のみとなります。代理人の方による申請や受給は行えません。
  4. 世帯員情報の誤りにご注意ください(郵送申請では住民基本台帳の情報が転記されていますが、オンライン申請では入力が必要です。世帯員に抜け漏れがありますと、受取辞退とみなされます。世帯分離の状況もご注意ください。)。なお、世帯の状況などについては、個人情報に該当することから、お電話でお答えすることはできませんので、ご了承ください。
  5. 基準日(4月27日)以降に市外に転出された方、市内に転入された方は、オンライン申請は行えません。
  6. 不備などがあった場合のオンライン申請に対する市からのお問い合わせは、郵送や電話となります(連絡先の入力誤りにご注意ください。)。
  7. オンライン申請は、お1人1回です(多重申請は行わないでください。)。
  8. 添付書類の画像データは、金融機関、口座番号、口座名義人がわかるように、鮮明なものである必要があります。
  9. 操作内容などで不明な点があった場合には、0120-260020(総務省特別定額給付金コールセンター)にお問い合わせをお願いします。

内容確認のご連絡

申請書および添付書類について、確認が必要な事項があった場合には、市の給付金担当からお電話で連絡があることがあります。確認させていただく事項は次のとおりです。

  • 申請書で疑義のある内容(給付を希望しない欄に印がついている、記載の数字に紛れがあるなど)
  • 添付書類提出のお願い(写しの提出となり、多賀城市役所宛てとなります。それ以外の場所に提出をお願いすることや原本の提出をお願いすることは、絶対にありません。)

(注)お電話がつながらない場合には、返送させていただくことがあります。予めご了承ください。

(注)内容確認が必要な場合には、内容確認がとれるまで、お振込の手続きが遅れますことを、ご承知おきください。

給付金を装った詐欺にご注意ください

それ、給付金を装った詐欺かもしれません!(PDF:368KB)

「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください。

  • 市や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • 市や総務省などが「特別給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。
  • 市役所以外の住所への返送、マイナポータル以外のページでのオンライン申請などをお願いすることは、絶対にありません。
  • 現時点で、市や総務省などが、住民の皆様の世帯構成や、銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵便、メールでお問い合わせすることはありません。

自宅や職場などに市や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、最寄りの警察署(または警察相談専用電話#9110)にご連絡ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室新型コロナウイルス感染症緊急経済対策調整局 

宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141

ファクス:022-368-8104