すくっぴーねっとホーム > 子育てあれこれ > パパも育児に参加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2015年12月8日

パパも育児に参加しましょう!

女性と比べると、男性は親になった実感がなかなかもてないことがあるかもしれません。しかし、子育てはママひとりではできません。パパ、ママふたりで育てていくという気持ちを持つことが大切です。パパも、おむつ替えやお風呂など赤ちゃんと積極的に関わっていきましょう。子育てに追われているママを精神的に支えいたわることは大切なパパの役割です。また、赤ちゃんが大きくなってきたら、ママとは違う体を使ったダイナミックな遊びを取り入れて遊ぶのもパパだからこそ出来ることです。

あそびのポイント

ねんねの頃

  • まだ自分では動けない時期なので、パパの働きかけが大切です。
  • 話しかけながらからだを優しくさすってあげましょう。
  • 赤ちゃんの目の前でガラガラやお気に入りのおもちゃなどを動かしておめめの追いかけっこをしましょう。

おすわりの頃

  • 目線も高くなり、首も動かせるようになるので周りのものに興味津々な時期です。
  • 赤ちゃんをひざの上やお腹の上に乗せてゆらゆら動かしたり、高い高いをするなどの遊びを取り入れてみましょう。

はいはいの頃

  • からだを使う遊びが増え、パパの出番が多くなります。親子の関わりを十分に楽しんでください。
  • パパもはいはいになって赤ちゃんとはいはいレースをしてみましょう。

つかまり立ちの頃

  • 行動範囲が広がり、好奇心がいっぱいの時期です。危険なものは片付けてのびのびと遊ばせてあげましょう。
  • パパの足の甲に赤ちゃんの足を乗せて、腕でからだを支えあんよの練習をしてみましょう

お問い合わせ

保健福祉部健康課親子保健係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:615~618)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?