すくっぴーねっとホーム > 目的から探す > 母の健康 > 産後の身体とこころの健康

ここから本文です。

更新日:2015年12月8日

産後の身体とこころの健康

女性にとって出産は大きなライフイベントでもあり、身体にもこころにも大きな負担がかかるものでもあります。出産後は、家族や周りの協力、市で行ってる事業などを利用して、休養をとりながら不安をためこまないように、ゆったりとした気持ちで過ごしましょう。子育てが上手くいかないと感じたら、一人で悩まず気軽に市役所の健康課へご相談ください。

身体の変化

出産後、妊娠前の身体の状態に戻るまでには時間がかかり、その間に様々な身体の変化があります。身体の変化は誰にも起こることですが、体調不良や下記のチェック表のような症状が続く場合は、早めに婦人科を受診しましょう。

身体の変化
チェック欄 項目
  出血が続く
  粘り気があり、においの強い悪露がいつまでも続く
  腰痛、腹痛がある
  会陰切開部のはれや痛みが続く
  発熱、頭痛、めまい、頭が重い、むくみがある
  尿が近く排尿時に痛む、残尿感がある
  乳房が痛い、乳首が切れて痛い
  貧血、息切れが激しい

こころの変化

出産後間もない時期はホルモンの変化が起こったり、母親としての役割や生活の変化などでストレスを抱えやすい時期です。完璧にやろうとせず、気負わずに赤ちゃんとの暮らしを始めてください。不安な気持ちはそのままにせず、相談しましょう。洗濯や家事、赤ちゃんのお世話は家族などに協力してもらいながらお母さんの休む時間をつくりましょう。

マタニティーブルーと産後うつ

出産前後の気分の落ち込みは誰でもなり得ることですが、長引いてしまうと産後うつの可能性があり、治療が必要になることがあります。マタニティーブルーと産後うつがどのような症状なのか、対応について下記に記載しているので確認し、いくつかあてはまる場合は、家族やかかりつけ医にご相談ください。

 

マタニティブルーと産後うつについて
  マタニティーブルー 産後うつ
いつなりやすいのか 出産直後から1週間頃 出産数週間から数か月後の間
どのくらいの人がなるのか 25~30%の人 10~20%の人
症状
  • イライラする
  • 気分がふさぐ
  • 涙もろくなる
  • 食欲がない
  • やる気がしない
  • 物事に興味や喜びを感じない
  • 眠れない
  • 自分を責める
対処法 出産に伴う心身の変化による一時的な症状です。周りの協力を得ながら、休養をとり、リラックスして過ごすことで自然とよくなります。 出産をきっかけに起こる心の病気です。自然とよくなるものではないため、早めに医療機関を受診しましょう。心配な時は一人で抱え込まずに、まずは家族や市役所などに相談しましょう。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?