ホーム > くらし・手続き > 上下水道 > 水道料金・下水道使用料のご案内 > 平成27年4月から水道料金を引き下げます

ここから本文です。

更新日:2015年4月22日

平成27年4月から水道料金を引き下げます

多賀城市の現在の水道料金は、平成22年度から平成26年度までを算定期間としています。

平成27年4月からの水道料金については、本市水源の約74パーセントを占める宮城県仙南・仙塩広域水道の料金が引き下げられることの影響額および東日本大震災からの復興支援や人口減少社会の到来などの課題と対応策を検討した結果、平成27年度から平成31年度までを算定期間として現在の料金から平均5.85パーセント引き下げすることとしました。

引き下げの内容

お客様からいただく水道料金は、基本料金と従量料金を合わせた額となります。

今回の引き下げは、使用した水量に応じた金額である従量料金が対象です。

新しい料金は平成27年4月分から適用されます。

水道料金

水道料金は基本料金と従量料金の合計額です。

基本料金

水量の有無にかかわらず、メーターの口径によって額が決められます。

従量料金

使用した水量に応じた額となり、水量によって第1段階から第5段階まで分かれています。

 

画像:水道料金は基本料金と従量料金の合計金額

 

従量料金現行料金および改定料金比較表(一般用1立方メートルあたり、消費抜き)

種別 使用水量区分 現行料金 改定料金 差額
第1段階 10立方メートルまで 90円 80円 -10円
第2段階 11立方メートルから20立方メートルまで 210円 190円 -20円
第3段階 21立方メートルから50立方メートルまで 300円 280円 -20円
第4段階 50立方メートルから100立方メートルまで 400円 380円 -20円
第5段階 100立方メートルを超える分 470円 440円 -30円

水道料金計算の例

水道メータ口径20ミリメートルで、1ヵ月に20立方メートル水道を使用した場合、1ヵ月あたり324円、1年間で3,888円の引き下げとなります。

現行料金(平成27年3月分まで)の場合の計算例
料金区分 料金
基本料金

1,840円

従量料金(第1段)10立方メートル×90円

900円

従量料金(第2段)10立方メートル×210円

2,100円

小計(基本料金+従量料金)

4,840円

消費税

387円

合計

5,227円

 

改定料金(平成27年4月分から)の場合の計算例

料金区分 料金
基本料金

1,840円

従量料金(第1段)10立方メートル×80円

800円

従量料金(第2段)10立方メートル×190円

1,900円

小計(基本料金+従量料金)

4,540円

消費税

363円

合計

4,903円

なお、水道料金の詳しい計算方法や支払い方法、使用水量ごとの早見表などについては水道料金・下水道使用料のページをご覧ください。

よくある質問

お問い合わせ

上水道部管理課総務企画係

宮城県多賀城市中央二丁目25番7号

電話番号:022-368-1141(内線:762~765)

ファクス:022-368-3114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?