ホーム > くらし・手続き > 上下水道 > 水道 > 水道に関するお客様アンケート調査

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

水道に関するお客様アンケート調査

この度は水道に関するアンケート調査にご協力をいただき、ありがとうございました。

皆さまからご回答いただいた内容をまとめましたので、お知らせします。

調査目的

多賀城市では、お客様のご意見をお聞きし、今後の多賀城市水道事業の運営に反映させるための基礎資料作成を目的としてアンケート調査をしました。

調査方法

対象

1,000世帯(市内給水区域にお住まいの一般家庭を無作為に抽出)

調査方法

  • 無記名式の質問調査
  • 郵送による配布・回収

調査期間

平成26年8月1日(金曜日)~8月13日(水曜日)

回答結果と回答者の属性

回答結果

  • 回答数 439人
  • 有効回答数 439人
  • 回答率 43.9%

回答者の属性

男女別構成比

選択項目

男性

女性

無回答

回答比率

54.4%

44.4%

1.2%

年齢別構成比

選択項目

20歳未満

20歳代

30歳代

40歳代

50歳代

60歳代

70歳以上

無回答

回答比率

0%

2.7%

12.1%

16.4%

18.0%

23.5%

26.2%

1.1%

世帯人数構成比

選択項目

1人

2人

3人

4人

5人以上

無回答

回答比率

17.5%

28.0%

24.4%

16.4%

12.1%

1.6%

地区別構成比

新田

9.8%

中央

3.0%

町前

0.7%

山王

6.6%

東田中

5.7%

明月

0.9%

南宮

2.3%

城南

3.9%

宮内

0.5%

高橋

9.3%

鶴ヶ谷

3.6%

0.9%

市川

0.5%

八幡

7.1%

大代

8.2%

浮島

7.1%

桜木

4.3%

笠神

2.7%

高崎

5.5%

伝上山

7.5%

下馬

2.1%

留ヶ谷

5.5%

丸山

1.6%

無回答

0.9%

水道水の使用状況

お客様は、飲み水について、普段どのようにして飲んでいますか(複数回答)

結果(単位 %)

選択項目

水道水を
そのまま飲む

水道水を
浄水器に通して飲む

沸騰させてから飲む

市販のミネラルウォーターを飲む

その他

無回答

回答比率

53.1%

28.7%

20.5%

32.1%

3.6%

0.7%

「水道水をそのまま飲む」が53.1パーセントと約半数を占めているものの、それ以外の方法で飲む方は84.9パーセントとなりました。

水道水をそのまま飲まない理由について教えてください

結果(単位 %)

選択項目


(おいしくないから)

におい
(塩素臭等が気になるから)


(濁っていることがあるから)

安全性
(安全性に疑問を感じるから)

その他

無回答

回答比率

19.5%

13.2%

3.5%

31.7%

16.4%

15.7%

「安全性(安全性に疑問を感じるから)」が31.7パーセント、「味(おいしくないから)」が19.5%、「におい(塩素臭等が気になるから)」が13.2パーセントの順となりました。

普段の生活から節水を心がけていますか

結果(単位 %)

選択項目

いつも心がけている

ときどき心がけている

意識したことはない

その他

無回答

回答比率

57.9%

36.2%

4.8%

0.2%

0.9%

「いつも心がけている」、「ときどき心がけている」の合計が94.1パーセントと高い数値となりました。

節水を心がけている理由は何ですか(複数回答)

結果(単位 %)

選択項目

水は限りのある
資源だから

料金が安くなるから

新聞、テレビ等
報道の影響を受けて

その他

無回答

回答比率

63.4%

68.5%

5.6%

4.1%

6.3%

「料金が安くなるから」が68.5パーセント、「水は限りのある資源だから」が63.4パーセントとなりました。

水道料金について

水道事業は、お客様からお支払いいただく、水道料金を主な財源として経営しており、基本的には税金が使われていないことをご存じでしたか

結果(単位 %)

選択項目

知っていた

ある程度
知っていた

全く
知らなかった

その他

無回答

回答比率

28.5%

28.7%

41.0%

0.4%

1.4%

「知っていた」、「ある程度知っていた」が57.2パーセントであったものの、「全く知らなかった」が41.0パーセントを占めていました。

水道料金は、下水道使用料と合わせてお支払いいただいております。このうち水道料金(下水道使用料を除く)についてどのように感じますか

結果(単位 %)

選択項目

高いと感じる

どちらかといえば
高いと感じる

妥当な金額と感じる

どちらかといえば
安いと感じる

安いと感じる

わからない

無回答

回答比率

34.9%

28.0%

25.7%

2.1%

0.9%

8.0%

0.4%

「高いと感じる」、「どちらかといえば高いと感じる」の合計が62.9パーセントと高い数値となりました。

(高いと感じる・どちらかといえば高いと感じるとお答えの方に)そのように感じる理由は何ですか(複数回答)

結果(単位 %)

選択項目

他市町村の料金と
比較して

電気料金やガス料金と
比較して

家計に占める料金の割合から

その他

無回答

回答比率

62.7%

22.8%

35.1%

3.6%

59.4%

「他市町村の料金と比較して」が62.7パーセント、「家計に占める料金の割合から」が35.1パーセントとなりました。

水道事業について

多賀城市の水道水は、宮城県仙南・仙塩広域水道から約74パーセント、仙台市水道から約24パーセント受水し供給しています。自己水源による供給は、約2パーセントです。このような状況はご存知でしたか

結果(単位 %)

選択項目

知っていた

ある程度知っていた

全く知らなかった

その他

無回答

回答比率

27.1%

41.7%

30.3%

0.5%

0.4%

「知っていた」、「ある程度知っていた」の合計が68.8パーセントあったものの、「全く知らなかった」が30.3パーセントとなりました。

お客様に水道事業をご理解いただくために、いろいろな活動を行っていることをご存知でしたか(複数回答)

結果(単位 %)

選択項目

広報紙「たがじょうの水道」
の発行

出前講座

水道週間に合わせた
広報活動

市ホームページ
の掲載

小学生を対象とした
浄水場見学会

その他

無回答

回答比率

77.2%

2.3%

14.8%

16.9%

13.7%

4.6%

11.4%

「広報紙「たがじょうの水道」の発行」の認知度は、77.2パーセントだったものの、それ以外の広報活動の認知度は20パーセント以下となりました。

上水道部では、広報誌「たがじょうの水道」を年2回発行しお客様にお届けしていますが、内容についてどのように感じますか

結果(単位 %)

選択項目

満足

どちらかといえば
満足

どちらともいえない

どちらかといえば
不満

不満

その他

無回答

回答比率

11.2%

33.9%

43.7%

2.9%

1.8%

3.8%

2.7%

「満足」、「どちらかといえば満足」の合計は45.1パーセントであったものの、「どちらともいえない」、「どちらかといえば不満」、「不満」の合計が48.4パーセントとなりました。

水道について特に知りたい情報は何ですか(複数回答)

結果(単位 %)

選択項目

水道水の水質

水源の情報

水道事業の経営状況

水道料金のしくみ

水道に関する手続き

水道工事や断水情報

宅地内での漏水の対処方法

浄水の処理方法

その他

無回答

回答比率

74.3%

38.0%

30.1%

52.4%

5.5%

21.9%

21.0%

20.5%

3.4%

2.3%

「水道水の水質」が74.3パーセント、「水道料金のしくみ」が52.4パーセントと高く、「水源の情報」が38.0パーセント、「水道事業の経営状況」が30.1パーセントとなりました。

平常時も災害時も変わらず安定した水道水の供給を行うため、老朽化した水道施設の更新や耐震化をする必要があります。お客様は、水道施設の更新等について今後どのように取り組んでいくべきと思われますか

結果(単位 %)

選択項目

水道料金が上がっても
早急に取り組むべき

水道料金に影響がでない範囲で
取り組むべき

取り組む必要はない

その他

無回答

回答比率

23.5%

71.5%

0.2%

3.2%

1.6%

「水道料金に影響がでない範囲で取り組むべき」が71.5%、「水道料金が上がっても早急に取り組むべき」が23.5パーセントとなり、取り組むべきとの回答は全体の95.0パーセントと高い割合となりました。

水道事業運営において今後どのようなことを重点的に取り組むべきとお考えですか(複数回答)

結果(単位 %)

選択項目

安全な水の供給

災害に強い施設整備

経営の効率化

水道料金の改定

お客様サービス(利便性)の向上

広報・広聴活動の充実

環境負荷低減に向けた取り組み

その他

無回答

回答比率

94.8%

77.7%

32.6%

37.1%

21.2%

3.6%

15.5%

2.1%

1.1%

「安全な水の供給」が94.8パーセント、「災害に強い施設整備」が77.7パーセントと高い割合となり、「水道料金の改定」が37.1パーセント、「お客様サービス(利便性)の向上」が21.2パーセントとなりました。

調査報告書

詳しくは下記、平成26年度水道に関するお客様アンケート調査報告書をご覧ください。

平成26年度水道に関するお客様アンケート調査報告書(PDF:4,425KB)

アンケート調査結果を踏まえて

調査結果から、水道水の安全性や料金はもちろんのこと、災害時にも安全で安定した水の供給に対する関心度が高いことがうかがえました。

これは、先の東日本大震災に伴う長期間にわたる断水により、お客様には多大なご不便をおかけしたことによるものと受けとめています。

これらの調査結果を踏まえ、本市水道事業では、安全な水の供給、災害に強い施設整備、水道料金改定等のさまざまな課題に取り組んでいくとともに、認知度の高い広報紙などを通じ、知りたい情報や水道の実情を分かりやすくお伝えしてまいります。

また、お客様からいただいた貴重なご意見、ご要望に対し真摯に耳を傾け、日常生活を営むうえで欠くことのできないライフラインとしての使命のもと、水道事業経営の更なる効率化を図り、一層の経営努力をしてまいります。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上水道部管理課総務企画係

宮城県多賀城市中央二丁目25番7号

電話番号:022-368-1141(内線:762~765)

ファクス:022-368-3114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?