ホーム > 文化・スポーツ > 文化・芸術 > 東大寺展 > 東大寺展開催中の各企画のご案内

ここから本文です。

更新日:2018年6月20日

東大寺展開催中の各企画のご案内

ギャラリートーク~担当学芸員オススメの一品~

ギャラリートーク日時/11時00分~ 15時00分~(各30分程度)

  1. 6月14日(木曜日):「白石和紙と東大寺」
    解説/笠原信男館長
  2. 6月15日(金曜日):「陸奥国府多賀城の復興」
    解説/三好秀樹 上席主任研究員
  3. 6月19日(火曜日):「陸奥国分寺の十二神将」
    解説/政次浩 上席主任研究員

内容/地元宮城の資料をもとに、東大寺と東北の深いつながりや、東北の復興について解説します。

参加費/無料(ただし、本展の観覧券が必要)、開始時間までに会場内の第2部展示室前にお集まりください。(案内掲示あり)

ギャラリートークチラシ(PDF:1,619KB)

図録揮毫(きごう)会催!

「東大寺と東北」展示図録に東大寺のお坊さまから、言葉を書き込んでいただけます。すでに購入済みの図録を持参いただくか、当日図録(2,500円)を購入してご準備ください。

図録揮毫会の様子日時/6月9日(土曜日)、10日(日曜日)
揮毫/
筒井英賢 東大寺塔頭龍松院住職
平岡慎紹 東大寺塔頭金珠院住職

日時/6月20日(水曜日)、21日(木曜日)
揮毫/北河原公慈 東大寺塔頭中性院住職

1回目11時30分から12時30分まで
2回目14時30分から15時30分まで

場所/東北歴史博物館

関連企画写真

東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北ー復興を支えた人々の祈り」の開催に伴い、関連企画を多数開催します。

黄金の食彩弁当

「東大寺と東北ー復興を支えた人々の祈り」の開催を記念した弁当を、期間限定販売しています。東大寺の大仏に県産の金が使われた歴史的つながりを踏まえ、涌谷町産の米「金のいぶき」や石巻産の「金華さば」など「金」にまつわる食材をふんだんに使っています。

食彩弁当ポスター

 

裏

「みちのく多賀城『黄金の食彩弁当』」

お品書き(JPG:92KB)

  • 多賀城産古代米「しろのむらさき」入りごはん、金ごま
  • 涌谷町産「金のいぶき」入りごはん、三陸産昆布つくだ煮
  • 鶏肉の甘酒漬け焼き(多賀城産古代米入り甘酒使用)きんぴら2種
  • 石巻産「金華さば」の海草漬け焼き
  • 炊き合わせ 小芋、穂筍、人参、こごみ
  • 青菜のお浸し おきあみ入り“金華さば”ほぐし身のせ
  • 岩手県産 合鴨入り肉だんごの金ごまあんかけ
  • 笹かまぼこの藻華揚げ

価格/1個1,150円
販売期間/平成30年6月30日まで
販売場所/JR仙台駅構内の弁当店7店

講演会 

イベント一覧

講演会内容

日時

講師 会場 定員 参加費

「重源上人摸刻像制作秘話」

※終了しました

4月28日
(土曜日)

10時30分~12時

狭川 普文師 (華厳宗管長・第222世東大寺別当)

三輪 途道氏(彫刻家)

藤崎 悠美子氏(日本画家)

東北歴史博物館 

講堂

280名 無料、当日先着順(ただし、本展の観覧券が必要)

「鎮護国家と東大寺」

※終了しました

 

5月13日
(日曜日)

13時30分~15時

堀 裕氏(東北大学大学院准教授)

東北歴史博物館 

講堂

280名 無料、当日先着順(ただし、本展の観覧券が必要)

「東大寺の彫像 ー鎌倉復興期の作例を中心にー」

※終了しました

5月27日
(日曜日)

13時30分~15時

岩田 茂樹氏(奈良国立博物館 上席研究員)

東北歴史博物館 

講堂

280名 無料、当日先着順(ただし、本展の観覧券が必要)

「写真家から見た東大寺の魅力」

※終了しました

6月3日
(日曜日)

13時30分~15時

三好 和義氏(写真家)

東北歴史博物館 

講堂

280名 無料、当日先着順(ただし、本展の観覧券が必要)

「貞山運河と東北の復興」

※終了しました

6月17日
(日曜日)

13時30分~15時

佐川 正敏氏(東北学院大学教授)

東北歴史博物館 

講堂

280名 無料、当日先着順(ただし、本展の観覧券が必要)

学芸員による展示解説 

展示解説2

  • 日時/会期中の毎週水曜日 13時30分~14時30分
  • 講師/東北歴史博物館 学芸員
  • 会場/東北歴史博物館 講堂
  • 定員/280名
  • 参加料/無料、当日先着順(ただし、本展の観覧券が必要)

東大寺展大仏殿パノラマツアー 

  • 日時/東大寺展開催期間中の土曜日、日曜日、祝日 9時30分~17時
  • 会場/東北歴史博物館 南側入口前
  • 対象/7歳以上(ただし、13歳未満の方の体験には保護者の同伴が必要)
  • 参加料/無料(ただし、本展の観覧券が必要)

写経体験 

写経体験の様子 写経体験

  • 日時/4月28日(土曜日)、5月20日(日曜日)、6月9日(土曜日) 13時30分~15時
  • 協力/華厳宗大本山東大寺
  • 会場/東北歴史博物館 研修室
  • 定員/40名
  • 参加料/1,500円(税込み、東大寺監修・写経セット実費代)
    当日先着順(ただし、高校生以上対象で本展の観覧券が必要)

 砂金採り体験 

  • 砂金採り体験1 砂金採り体験の様子2
  •  
  • 砂金採り体験の様子3日時/5月12日(土曜日)、5月19日(土曜日)、5月26日(土曜日)
    10時~、11時~、13時30分~、14時30分~(所要時間30分)
  • 会場/東北歴史博物館 北側広場
  • 定員/各回40名
  • 参加費/無料、当日先着順(ただし、小学生のみ対象で本展の観覧券が必要)

奈良と東北の子どもたち交流コンサート 

コンサートチラシ コンサートの様子

  • 日時/6月10日(日曜日)13時30分~15時 (開場13時)
  • 内容/広がれ復興の輪。岩手、宮城、福島、奈良の子どもたちが、
  • 東北と奈良のわらべ歌などを歌います。
  • 会場/東北歴史博物館
  • 定員/280名
  • 参加費/無料、当日先着順(ただし、本展の観覧券が必要)

コンサート内容/
◆ブライト☆キッズによるオープニング演奏
◆奈良+福島県飯舘村の子どもたちによる合唱
◆岩手県北上市の子どもたちによる合唱
◆多賀城市の子どもたちによる合唱
◆全員合唱

物産展 

物産展 物産展チラシ

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部市民文化創造局 

宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:261・262)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?