ここから本文です。

更新日:2018年8月9日

#たがたびフォトコンテスト第2弾入賞作品

#たがたびフォトコンテストの第2弾入賞作品が決まりました!!
今回もたくさんのご応募ありがとうございました。

第2弾概要

  • 募集期間:平成30年4月23日から7月1日
  • 応募者数:149名(※1)
  • 応募作品数:1,038点(※2)
  • 有効応募作品数:1,018点(※3)

※1ハッシュタグ「#たがたび」をつけてインスタグラムに投稿、または、既投稿作品に「#たがたび」を付けたインスタグラムアカウント数、および電子メールによる投稿者数
※2既投稿作品にハッシュタグ「#たがたび」を付けたものを含む
※3応募期間中の投稿作品。

最優秀たがたび賞

投稿者:siroot

<選定者>野寺那恵さん
あやめの写真は落ち着いたものになりがちですが、この作品は透明感があって爽やかできれいな印象を残します。この印象を演出するためのボケ具合や色味がいいですね。
まさに「小人の通り道」のようで、写真からいろんな情景をイメージさせてくれる面白い作品だと思います。

東大寺展実行委員会長(多賀城市長)賞

投稿者:宮城 武雄

<選定者>大寺展実行委員会長次郎
多賀城の冬の風物詩としてすっかり定着した「悠久の詩都(まち)の灯り」。
多賀城駅前公園に昨年から新たに登場した光の回廊を仲良く歩く親子の写真から、幸せそうな雰囲気が伝わってきます。
このイルミネーションを毎年取り付けてくれる市民団体、ここを訪れた人たちの幸せそうな様子、どちらも未来に残していきたい多賀城の姿です。

東大寺展実行委員会事務局(市民文化創造局長)賞

<選定者>大寺展実行委員会事務局長

投稿者・投稿作品 選定者コメント

_color_cosmosさん

第30回多賀城跡あやめまつりのヒトコマ。
万葉衣装の彩りが花の色味を一層際立たせています。
肩にかけている領巾(ひれ)がふわりとそよぐ様子に、初夏の風を感じました。

namikoaozoraさん

光に縁取られた左手と重なり合う奈良の大仏様の右手。
大仏様の右手から光明が放たれているかのようです。
シンプルできれいな写真に心惹かれました。
「東大寺と東北」展で撮っていただいた撮影者の感性が光る一枚です。

syokuen0906

特別史跡多賀城跡のある市川地区にはヤブツバキが並木上に群生しています。
なかには推定樹齢何百年とされる大木も。
史跡景観に鮮やかに映え、古跡のもつ風情を高めてくれる椿の花。
その見ごろをひときわ美しく収めていただきました。

 

たがもん賞

<選定者>大寺展実行委員会事務局ベントプロデュースチームメンバー

投稿者・投稿作品 選定者コメント

kiinananan

田んぼの中の真っ直ぐなあぜ道が、まるで南宮神社へと向かう参道のよう。
田植えを終えたばかりの水田に映り込んだ木立ちのリフレクションが、そのイメージを効果的に高めています。
心の中の原風景がふと目の前に現れたかのような一枚です。

engrave_kuu

夜の多賀城を照らした光の下で、優美に輝くあやめを写した一枚。
あやめは今年も美しく咲き誇り、私たちを笑顔にしてくれました。
あやめまつり30周年記念でライトアップされ、いつもと違った美しさを見せてくれたあやめの姿を生き生きと写した一枚に、たがもん賞を贈ります。

kkyukimdj5

いつも目の前に広がる当たり前の風景を切り取った作品。
砂押川土手沿いを散歩したりして日々の暮らしを自然体で過ごす人々からは穏やかな時間が感じられ、どこか懐かしく、ほっと安心します。
「未来に残したい多賀城」は、このいつもと変わらない穏やかな風景なのかもしれません。
CDジャケットのようにクールで、どこか哀愁を感じる構成も素敵な一枚です。

zunda_greensoy

「東大寺と東北」展が開催された東北歴史博物館を彩ったこの風景は、芸術によって新たな文化を創造している多賀城の、未来へ残したい新たな一面です。
星空のように広がる幻想的な光が、見慣れた風景を新鮮な景色へと変えていきました。
ひとつひとつの柔らかな光を美しく捉えた素敵な一枚です。

riechan_karinchan

あやめを見て嬉しそうに笑う子どもたちを温かく見守る視点から撮影した一枚。
かわいらしく着飾ってはしゃぐ子どもたちを見て、笑顔で撮影する様子が想像できます。万葉の時代から続いている多賀城の笑顔を,これからも守っていきたいと思う素敵な作品です。

よくある質問

お問い合わせ

総務部市民文化創造局 

宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:261・262)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?