ここから本文です。

更新日:2017年1月12日

創造都市

創造都市とは

創造都市(CreativeCity)とは、市民が創造的活動を自由に発揮することによって、文化芸術の持つ創造性を地域振興、産業振興等に活用している都市です。

創造都市ネットワーク日本

創造都市ネットワーク日本とは、創造都市の取り組みを推進する地方自治体等、多様な主体の連携・交流を促進するためのプラットフォームとして設立され、全国の自治体(86自治体)と関係団体(31団体)が加盟しています(平成29年1月4日時点)。本市は、平成28年10月にネットワークへの加盟が承認されました。

ネットワークに加盟することで、他の創造都市との情報交換や、本市の取組みを効果的に発信すること等が可能になり、本市の文化芸術活動がいっそう活発になることが期待されています。

創造都市としての主な取り組み

「壷の碑」全国俳句大会、大伴家持のつどい短歌大会

数多くの文人・歌人が訪れた、古代から続く詩へのあこがれの地「多賀城」で毎年開催されている恒例の文化行事です。

多賀城万葉デジタルミュージアム

洋画家・故日下常由氏が万葉集を題材に制作した絵画は、古代の文化、生活の情景感にあふれ、万葉人の情緒の豊かさや深さに感じ入ることができます。多賀城市では、日下氏の絵画をデジタルアーカイブ化することによってデジタルミュージアムを構築し、インターネットサイト等により広く公開しています。これにより、学習資源としてはもちろん、歴史観光都市多賀城の観光振興資源としても活用されています。

東北随一の文化交流拠点づくり

多賀城市立図書館と大型書店併設による45万冊の書籍が集積する「知の拠点」を整備し、本市のアイデンティティーともいえる歴史遺産の数々、更には国内屈指の音響性能を有する文化センターの音楽ホールや東北歴史博物館などの文化資源を結びつけ、幅広い年代の人々がそこに集い、交流し、新たな価値を発見・創造できるよう、文化芸術を視座に置いたまちづくりに取り組んでいます。

多賀城市世界絵本フェスタ

「東北随一の文化交流拠点づくり」の第一歩として、2016年3月に「多賀城市世界絵本フェスタ」を開催しました。イベントでは、世界各国の言語で書かれた絵本を展示する「世界絵本展」、モーツァルトのオペラ「魔笛」を多賀城版にアレンジしたオペラ「魔法の笛」の上演、絵本作家の講演会などを開催し、市民が第一線で活躍する文化人に触れる貴重な機会となりました。

よくある質問

お問い合わせ

総務部市民文化創造局 

宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:261~263)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?