ホーム > 文化・スポーツ > 文化・芸術 > WEBアートワークショップ実施促進事業【募集受付終了】

ここから本文です。

更新日:2020年7月29日

WEBアートワークショップ実施促進事業【募集受付終了】

在新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月16日、緊急事態宣言が全国に拡大されました。それに伴い、今日までの間、不要不急の外出の自粛、テレワークの推奨、学校の休業、店舗等の休業や営業時間の短縮、文化事業の自粛などの措置がとられています。

このような中、市民の疲弊感や閉塞感が高まっており、いわゆる「コロナ疲れ」でストレスが溜まってきています。さらには、文化活動拠点の閉館や文化事業の自粛などにより心豊かな市民生活に必要な文化活動が途絶えることが懸念されます。

化芸術には、人の心を癒やしたり、前向きにしたりする力があります。東北随一の文化交流拠点を目指す本市において、このような時にこそ、文化芸術が持つ創造性や多様性というチカラを活用し、市民生活に癒やし、豊かさ、そして希望を届けることができるよう、インターネット環境を通じたアートワークショップを開催するものです。

目的

市内在住のアーティストをはじめ、全国のアーティストが、多賀城市民に対し、インターネットを通じたアートワークショップを開催することで、市民がアートのチカラにより心を癒やしたり、心を前向きにしたり、コロナ疲れによるストレスを解消させ、豊かで潤いのある生活の一助とすることを目的とします。

WEBアートワークショップ実施促進事業補助金採択事業

WEBアートワークショップ実施促進事業補助金について

多賀城市民に文化芸術にふれる機会を提供するために、WEBアートワークショップを実施するアーティストに対し、ワークショップの経費を上限50万円補助します。

実施要件

  • 多賀城市民に対して、コロナ疲れによるストレスや不安を和らげ、心の癒やしや豊かさを与えられるようなワークショップをインターネットを通じて開催してください。
  • 無料のアプリを使用したもので、スマートフォン・タブレット・パソコンのいずれも利用可能なものにしてください。
  • 講師との掛け合いや受講者間の意見交換など、双方向性があるようにしてください。
  • 多賀城市民に対しての周知、受講者募集、開催の手続きなどは申請者(主催者)ご自身で実施していただきます。
    (注)市のホームページ、SNSにも掲載し、周知させていただきます。(本事業は、委託事業ではありません)
  • ワークショップで教材などを使用する場合は、受講者宛に申請者(主催者)ご自身で郵送・宅配などで届けていただきます。
  • 受講者数は1回当たり、10~20名で、複数回の開催を希望します。
  • 受講者へのアンケートWord版(Word:25KB)PDF版(PDF:116KB)(項目は適宜追加していただいて大丈夫です。)を実施し、その結果を取りまとめたものをご報告いただきます。
  • 都合が合わなかった人や完成することができなかった人のために、フォローする取組みもインターネット上で実施してください。
  • 受講料は無料とし、受講者の金銭負担はゼロとしてください。

対象経費

講師料、準備や当日運営に係る人件費、消耗品費、広報費、役務費(通信料、郵送料等)、委託料(事業経費総額の50%以内)、会場使用料、借上料、その他市長が認める経費

採択

採択は審査の上、決定します。採択の可否については、令和2年5月20日(水曜日)以降、申請書受理後、2日以内にメールで連絡します。文書は追って郵送します。

募集期間

令和2年5月11日(月曜日)から同月29日(金曜日)まで

事業実施時期

交付決定日から令和2年7月31日(金曜日)まで

申請に必要な書類

提出方法

持参または郵送

(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、可能な限り郵送での提出にご協力ください。)

  • 〒985-8531賀城市中央二丁目1番1号長公室市民文化創造担当

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室市民文化創造担当 

宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:261・262)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?