ホーム > 市政情報 > 情報公開・個人情報保護 > 個人情報保護制度の運用状況

ここから本文です。

更新日:2017年7月3日

個人情報保護制度の運用状況

個人情報保護制度

市では、個人情報保護対策の充実を図るため、個人情報保護条例を制定し、情報の収集や利用に一定の制限を加えています。

また、この条例では、収集した個人情報の開示、訂正および利用停止を求める際の手続きなどを定めています。

この個人情報の開示、訂正および利用停止を請求することができるのは、本人(本人が未成年などの場合は法定代理人、死亡者の場合は遺族)に限られます。

開示請求の状況(平成28年度)

開示請求件数および開示などの決定内容

開示請求件数

市長部局28件

市長部局以外の実施機関に対する開示請求は、ありませんでした。

開示などの決定内容

市長部局(28件の内訳)

開示28件

決定などの内訳

市長部局

職員採用試験結果に関するもの27件
滞納処分に関するもの1件

なお、個人情報開示の詳細については平成28年度における多賀城市個人情報保護制度の実施状況について(PDF:38KB)をご覧ください。

個人情報の開示

個人情報の開示に関する相談・請求の際は、市役所2階「情報公開コーナー」にお越しください。

お知りになりたい個人情報を取り扱っていると思われる課などの職員と情報公開コーナーの職員が同席し、該当する個人情報を特定した上で開示請求書にご記入いただきます。

なお、原則として、請求のあった日から15日以内に開示などが決定されることになっています。

個人情報の開示請求

開示請求の際には、本人、法定代理人または遺族であることを確認させていただきますので、次のものをご用意ください。

1本人が請求する場合

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証(各種共済組合員証または船員手帳を含む。)
  • 各種年金手帳(各種共済年金または恩給証書を含む。)
  • 旅券(パスポート)
  • 宅地建物取引主任者証
  • 電気工事士免状など

写真入りの身分証明書であればいずれか1つ、写真入りでないものは複数。

2法定代理人が請求する場合(法定代理人に係る上記1に掲げる証書類のほか)

  • 戸籍謄本または抄本
  • 成年後見登記事項証明書
  • 家庭裁判所の証明書など

法定代理人としての資格を証明するもの、いずれか1つ。

3遺族が請求する場合(遺族に係る上記1に掲げる証書類のほか)

  • 戸籍謄本
  • 除籍謄本など

遺族であることを証明するもの、いずれか1つ。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務課総務企画係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:221~223)

ファクス:022-368-8104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?