ここから本文です。

更新日:2018年2月8日

応急仮設住宅

東日本大震災により被災された方へ、応急仮設住宅を供与しました。

本市の供与期間は平成29年3月31日をもって終了しました。

入居資格について

東日本大震災で被災した方で、被災時において市内に住所を有する次の方です。

  1. 住宅が全壊、全焼または流出した方
  2. 居住する住家がない方
  3. 自らの資力をもってしては、住家を確保することができない方

などのほか、長期間に渡って家に戻ることが難しいと見込まれる方

供与期間について

多賀城市で被災された方に対する応急仮設住宅の供与期間は5年間です。特定の要件(災害公営住宅入居など)に該当する方のみ1年間延長となります。

なお、延長については被災時にお住まいの市町村により異なります。詳細は宮城県のホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

 

プレハブ応急仮設住宅について

多賀城市におけるプレハブ仮設住宅は次のとおりです。

応急仮設住宅(プレハブ)

仮設住宅名称

(所在地)

戸数

全戸完成日

入居開始日

退去完了日

山王市営住宅跡地

(多賀城市山王字山王四区169)

45戸

平成23年4月28日

平成23年5月3日

平成28年4月27日

国府多賀城駅南地区

(多賀城市城南1丁目18)

54戸

平成23年5月21日

平成23年5月28日

平成28年5月20日

多賀城公園野球場

(多賀城市鶴ケ谷1丁目6)

162戸

平成23年5月26日

平成23年6月9日

平成28年5月25日

高橋公園

(多賀城市高橋4丁目23)

38戸

平成23年5月20日

平成23年6月11日

平成29年1月18日

勤労青少年ホーム跡地

(多賀城市鶴ケ谷1丁目6)

24戸

平成23年7月7日

平成23年7月14日

平成29年3月31日

多賀城中学校

(多賀城市鶴ケ谷1丁目9)

50戸

平成23年7月21日

平成23年7月28日

平成29年3月31日

民間賃貸住宅の応急仮設住宅扱いについて

被災された方々が、住宅の建替えなどをするまでの間、民間賃貸住宅を借り上げ、応急仮設住宅として提供します。

※震災による「応急仮設住宅としての民間賃貸住宅の借り上げ」の本市の申込み受付けは平成23年12月28日をもって終了しました。

民間賃貸住宅の応急仮設住宅扱いにおける解約手続き

契約期間の途中で解約するときは、必ず解約(退去)しようとする日の1か月前までに、申請した市町村窓口に解約申出書を提出してください。

よくある質問

お問い合わせ

保健福祉部生活支援課支援調整係

宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:131~133)

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?