ホーム > くらし・手続き > 東日本大震災関連情報 > 支援情報 > その他の制度(外部リンク集)

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

その他の制度(外部リンク集)

災害復興住宅融資

住宅金融支援機構では、東日本大震災により住宅に被害が生じ、「り災証明書」の発行を受けた方へ、災害復興住宅融資を実施しております。

災害復興住宅融資の概要は、住宅金融支援機構のホームページ(外部サイトへリンク)に掲載しておりますのでご覧下さい。

被災者専用ダイヤル(住宅金融支援機構お客様コールセンター):0120-086-353

住まいの復興給付金制度

東日本大震災により被害が生じた住宅の被災時の所有者が、消費税率引き上げ後に新たに建築・購入し、または被災住宅を補修し、その住居に居住している場合に、給付を受けることができる国の制度です。

詳細については「住まいの復興給付金ホームページ(外部サイトへリンク)」をご覧ください。

住まいの復興給付金事務局:0120-250-460

宮城県住宅再建支援事業(二重ローン対策)

宮城県では、東日本大震災により二重の住宅ローンを抱えることになった方に対し、次のとおり補助金を支給します。

詳細については「県住宅課ホームページ(外部サイトへリンク)」をご覧ください

対象要件

以下の全てに該当する方

  1. 県内の自ら居住する住宅を東日本大震災により被災された方で、発災(平成23年3月11日)以前にその被災住宅に係る既存の住宅ローンを有する方
  2. 住宅再建のために、新たな住宅ローンを契約する時点で、1の被災住宅に500万円以上の既存の住宅ローンを有する方
  3. 県内に自ら居住する住宅の再建のために、500万円以上の新たな住宅ローンを有する方

申込期限

平成32年度末(平成33年3月31日)まで

※平成29年度以降は予算の成立をもって補助対応

補助金額

既存の住宅ローンにかかる5年間の利子相当額(元利均等毎月償還による算定額(上限50万円))

補助申請の時期

新たな住宅ローン契約時点から、3か月以内

ただし、平成24年1月23日以前に新たな住宅ローンを契約されている方は、平成24年3月31日までに申請してください。

申請書類

  1. 補助金申請書兼完了実績報告書(PDF:59KB)
  2. り災証明書の写し(一部損壊、半壊、大規模半壊、全壊)
  3. 補助金振込先金融機関の通帳の写し
  4. 新たな住宅ローンの契約書の写し
  5. 既存の住宅ローンに係る金融機関などの融資残高証明書(PDF:82KB)
  6. 補助金額算定書(Excel:81KB)
  7. 補助金交付申請チェックリスト(PDF:78KB)

申請方法

申請書類を宮城県住宅課に郵送いただくか、市役所6階の被災者相談窓口に提出してください。

問い合わせ

  • 宮城県土木部住宅課企画調整班(仙台市青葉区本町3-8-1):022-211-3256
  • 保健福祉部社会福祉課生活再建支援室:022-368-1141(内線652、653)

生活復興支援資金制度

被災した世帯に当面の生活に必要となる経費などの貸付を行います。

詳細は「宮城県社会福祉協議会ホームページ(外部サイトへリンク)」をご覧ください

受付期間

期間未定

対象

り災証明書をお持ちの低所得者世帯

内容

  1. 一時生活支援費(当面の生活費)
    • 単身世帯:月額15万円以内の必要額
    • 複数世帯:月額20万円以内の必要額
  2. 生活再建費(転居、家具費など)
    貸付限度額:80万円以内
  3. 住宅補修費(被災した住宅の補修)
    貸付限度額:250万円以内

その他

連帯保証人がいない場合は、年利1.5%、連帯保証人がありの場合は無利子(上記1~3共通)となります。

問い合わせ

  • 社会福祉協議会:022-368-6300

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

電話番号:022-368-1141

ファクス:022-368-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?