ホーム > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 障がい者支援 > 心身に障害がある方の各種手帳と相談窓口

ここから本文です。

更新日:2017年5月9日

心身に障害がある方の各種手帳と相談窓口

障害には3つの大まかな種類(身体障害・知的障害・精神障害)があり、次のような手帳の交付を受けることができます。

 身体障害者手帳の交付

対象者・等級

視覚、聴覚、音声、言語、肢体、心臓、腎臓、呼吸器またはぼうこう、直腸、小腸の機能、もしくはヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能に一定以上の障害がある方。障害の程度により1級から6級に区分されます。

申請に必要なもの

  • 申請書(用紙は市役所にあります。)
  • 印鑑(朱肉を使って押すもの)
  • 知事の指定する医師の診断書(用紙は市役所にあります。)
  • 顔写真2枚て4cm、よこ3cm(おおむね1年以内に撮影したもの。カラーでも白黒でも可。脱帽)

申請するには

申請に必要なものを社会福祉課障害福祉係に提出してください。本人でも代理の方でも手続きできます。

認定方法

医師の診断書に基づいて、宮城県で認定します。通常、手帳が交付されるまでには、申請書が提出されてから1カ月から2カ月の期間がかかります。また、状態によってはさらに時間がかかる場合もありますので、ご了承ください。

 療育手帳の交付

対象者・等級

知的機能の障害が発達期(おおむね18歳まで)に現れ、日常生活に支障が生じているため、何らかの特別の援助を必要とする状態にある方で、障害の程度によりA(最重度・重度)またはB(中度・軽度)に区分されます。

申請に必要なもの

  • 申請書(用紙は市役所にあります。)
  • 印鑑(朱肉を使って押すもの)
  • 顔写真2枚て4cm、よこ3cm(カラーでも白黒でも可。脱帽)
  • 母子手帳や成績表など

申請するには

申請に必要なものを持参してください。また、社会福祉課内で日常生活状況など聞き取り調査を行います。面接調査には約1時間かかりますので、事前に予約してください。

認定方法

次の機関で判定を行います。判定には本人・保護者が同席してください。

  • 18歳未満の児童城県中央児童相談所(名取市美田園まなウェルみやぎ内)
  • 18歳以上の方城県リハビリテーション支援センター(名取市美田園まなウェルみやぎ内)

通常、手帳が交付されるまでには、判定した日以降1カ月から2カ月の期間がかかります。また、状態によってはさらに時間がかかる場合もありますので、ご了承ください。

再判定の時期

手帳が交付されると、18歳までの児童はおおよそ2年から3年毎、18歳以上では5年から6年毎に再判定を行わなければなりません。再判定は、市役所での聞き取り調査と、面接による判定または書類判定で行われます。

 精神障害者保健福祉手帳の交付

対象者・等級

精神の障害により長期にわたり、日常生活や社会生活への制約(障害)がある方。障害の程度により1級から3級に区分されます。

申請に必要なもの

  • 申請書(用紙は市役所にあります。)
  • 印鑑(朱肉を使って押すもの)
  • 顔写真1枚て4cm、よこ3cm(カラーでも白黒でも可。脱帽)

また、上記の他に次の書類のいずれか1つが必要です。

  • 知事の指定する医師の診断書(用紙は市役所にあります。)
  • 障害年金証書または最近届いた年金振込通知書と障害年金にかかる照会同意書(同意書用紙は市役所にあります。)
  • 特別障害給付金受給資格者証または最近届いた国庫金振込通知書(国庫金送金通知書)と障害年金にかかる照会同意書(同意書用紙は市役所にあります。)

注意事項

診断書による申請の場合は、初診日から6カ月以上経過していないと申請できません。

現在お持ちの手帳は、次回の更新から写真添付となります。また、現在お持ちの手帳に写真の添付を希望される方は、写真と印鑑を持参の上、再交付の手続きができます。

認定方法

医師の診断書などに基づいて、宮城県が認定します。通常、手帳交付まで1カ月から2カ月の期間かかります。また、状態によってはさらに時間がかかる場合もありますのでご了承ください。

有効期限

手帳の有効期限は2年です。更新する場合には、期限の切れる3カ月前から再申請をすることができます。

 相談窓口

障害に関する相談があるときは

相談支援事業所「けやき」

電話での相談のほか、家庭訪問などでの相談も行います。

障害福祉サービスを利用する場合の計画を作成します。

  • 日時曜日~金曜日8時30分から17時15分まで
  • 場所賀城市桜木1丁目4番17号コーポベルセブン101号
  • 電話022-362-7872
  • 身体障害者相談員および知的障害者相談員がおりますので、お困りの方はご相談ください。

身体障害に関する相談があるときは

手話通訳員による相談受付

聴覚障害の方が相談しやすいよう、毎週火曜日および金曜日の9時30分から15時15分まで、社会福祉課に手話通訳員がいます。

精神障害に関する相談があるときは

※相談は全て予約制です。

申込・問い合わせ先城県塩釜保健所子・障害班話022-363-5507

こころの相談

対象者の問題を抱えた本人、その家族および関係者

ひきこもり・思春期こころの相談

対象者きこもりや思春期の様々な問題を抱えた本人、その家族および関係者

薬物・アルコール専門相談

対象者酒や薬物(シンナー、覚醒剤など)のことでお困りの方、家族および関係者

発達障害に関する相談があるときは

宮城県発達障害者支援センター「えくぼ」

自閉症をはじめ、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害を有している方やその家族を対象に、相談・支援に取り組んでいます。

詳細は、宮城県発達障害者支援センター「えくぼ」のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

  • 場所台市泉区南中山五丁目2-1
  • 電話022-376-5306

よくある質問

お問い合わせ

保健福祉部社会福祉課障害福祉係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:165~168)

ファクス:022-368-1747

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?