ここから本文です。

更新日:2017年1月19日

申告相談

平成29年度申告相談(平成28年1月~12月までの収入分)

市では、毎年、所得税の確定申告期間に合わせて、市・県民税の申告相談と所得税の確定申告相談を行っています。
下記の項目をご覧いただき、期日までに申告を済ませていただくようお願いします。

平成29年度申告相談の日程

申告相談の日程

混雑緩和のため、地区ごとに日程を指定しています。お住まいの地区をご確認ください。

下記の日程で都合の悪い方は、塩釜税務署の確定申告書作成会場「マリンゲート塩釜」での申告をお願いします。

申告相談日程表

日程

地区割

2月14日(火曜日)
2月15日(水曜日)

次に該当する方のみ受付します。

  1. 住宅借入金等特別控除を含む申告をする方
  2. 収入が公的年金のみで、かつ収入金額が400万円以下で各種控除(医療費控除・生命保険料控除・扶養控除など)の適用を受ける方
  3. 2以外の市民税・県民税のみの申告をする方

※この2日間は、地区割はありません。

2月16日(木曜日)

桜木、明月

2月17日(金曜日)

大代

2月20日(月曜日)

八幡(3・4丁目を除く)

2月21日(火曜日)

八幡3・4丁目、栄、宮内、町前

2月22日(水曜日)

笠神(1丁目を除く)

2月23日(木曜日)

高橋(1丁目を除く)

2月24日(金曜日)

笠神1丁目、高橋1丁目

2月27日(月曜日)

東田中2丁目

2月28日(火曜日)

東田中(2丁目を除く)、高崎2丁目、市川

3月1日(水曜日)

高崎(2丁目を除く)

3月2日(木曜日)

南宮、新田(堀西、南安楽寺、南関合以外)

3月3日(金曜日)

城南、新田(堀西、南安楽寺、南関合)

3月6日(月曜日)

丸山、鶴ヶ谷

3月7日(火曜日)

留ケ谷

3月8日(水曜日)

浮島

3月9日(木曜日)

伝上山

3月10日(金曜日)

下馬

3月13日(月曜日)

山王

3月14日(火曜日)

中央

3月15日(水曜日)

予備日(大変な混雑が予想されます。)

受付時間

9時~16時

※昼食時間帯は、待ち時間が長くなる場合があります。あらかじめご了承願います。
※土曜日・日曜日は閉庁日のため、受付を行っておりません。

会場

多賀城市役所6階601・602会議室

市役所で受付できない申告

下記の申告については、市役所で受付できませんので、塩釜税務署の確定申告書作成会場「マリンゲート塩釜」での申告をお願いします。

  1. 土地・建物および株式などの譲渡所得の申告
  2. 上場株式などの配当所得に関する申告(総合課税および分離課税)
  3. 青色申告
  4. 消費税の申告
  5. 雑損控除の申告
  6. 先物取引に関する雑所得などの申告

申告の受付

所得の種類により相談窓口が異なりますので、会場入口の受付で番号札をお取りください。

事業所得(営業、農業など)や不動産所得がある方は黒の番号札を、それ以外の方(給与所得、年金所得のみの方など)は、赤の番号札をお取りください。

また、申告書をご自身で作成された方は、地区割にかかわらず、申告会場に備え付けの自書申告書投函箱に投函できます。お住まいの地区の日程でなくても投函できますが、2月14日(火曜日)から3月15日(水曜日)の受付時間内にお願いします。

申告相談に必要な書類など

必ず準備が必要なもの

  • 本人のマイナンバーカード(お持ちでない方は、通知カードまたは住民票の写し(マイナンバーの記載があるもの)と、本人確認書類(運転免許証、保険証、身体障害者手帳)の2点)
  • 扶養者のマイナンバーが確認できるもの(メモでも可)
  • 印鑑(シャチハタ以外のもの)
  • 通帳(本人名義のもの(所得税の還付申告を行う方のみ))

収入関係

必要書類(収入関係)

項目

必要書類

給与

源泉徴収票または雇用主からの支払証明書
※原本(コピー不可)

年金・雑所得

源泉徴収票
※原本(コピー不可)

営業・農業・不動産など

収入、経費を計算した収支内訳書

控除関係

●所得控除

必要書類(所得控除関係)

項目

必要書類

社会保険料控除

国民健康保険税・後期高齢者医療保険料・国民年金保険料・介護保険料・任意継続社会保険料の領収書(平成28年中に納付したもの)
※年金から特別徴収されている分は不要です。

生命保険料控除

一般生命保険料・個人年金保険料・介護医療保険料の保険料控除証明書

地震保険料控除

地震保険料・旧長期損害保険料の保険料控除証明書

寄附金控除

領収書(証明書)など

医療費控除

領収書(証明書)など
※必ず合計金額を計算してください。

障害者・勤労学生控除

各種手帳・証明書

●雑損失の繰越控除

すでに申告した雑損控除または雑損失について、合計所得金額から引ききれなかった分がある場合、翌年に繰り越して所得から差し引くことができます。

繰越額が分かるよう、前年分の所得税の確定申告書などの控えをお持ちください。

●住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)

必要書類(住宅借入金等特別控除)

項目

必要書類

通常の新築住宅

  • 1.住民票の写し (平成28年1月1日以降に居住した場合は不要)
  • 2.登記事項証明書
  • 3.工事請負契約書(写)または売買契約書(写)
  • 4.住宅取得資金に係る借入金の年末残高など証明書

認定長期優良住宅の新築

上記1~4に加えて

  • 5.長期優良住宅建築等計画の認定通知書(写)
  • 6.住宅用家屋証明書(写)または認定長期優良住宅建築証明書

震災特例法による新築住宅の再取得

上記1~4に加えて

  • 5.り災証明書
  • 6.従前住宅の登記事項証明書
  • 7.被災者の住民票の写し(被害を受けた時とその後の住所が明らかなもの)

詳しくは、市県民税申告・所得税申告相談(PDF:81KB)をご覧ください。

市民税・県民税簡易申告

収入がなかった方や、収入が非課税所得(障害年金、遺族年金、失業給付金など)のみの方が行う申告です。

平成29年3月15日(水曜日)までにご提出ください。

市民税・県民税簡易申告書の様式は下記をご覧ください。

市民税・県民税簡易申告書(PDF:53KB)

■留意事項

申告がされないと、国民健康保険税などの軽減措置を受けることができないほか、各種手続(融資の申込み、手当の受給、国民年金の免除、公営住宅の入居、保育所の入所など)に必要な課税・非課税証明書(所得証明書)の交付ができません。

また、申告期間を過ぎて提出された場合は、課税・非課税証明書(所得証明書)の申請から交付まで、1か月以上の期間を要することがあります。

注意事項とお願い

待ち時間短縮のため、下記事項にご理解とご協力をお願いします。

事業、不動産所得および医療費控除の申告をされる方

自営業などで収支内訳書が必要な方は、ご自身での作成をお願いしています。作成されていない方は、計算コーナーにて作成をお願いすることになりますのでご注意ください。

また、医療費控除の申告をされる方は、医療費の合計金額を必ず計算してきてください。

電話でのお問い合わせについて

申告相談期間中の電話でのお問い合わせは、受付時間終了後の16時以降にお願いします。

所得税確定申告書の用紙について

本市では、所得税確定申告書の用紙を用意しておりません。ご自身で申告書を作成するなど、用紙が必要な方は税務署で入手されるようお願いします。

自書申告作成コーナーについて

パソコンによる所得税の確定申告書作成コーナーは、設置しておりません。

所得税の確定申告会場のお知らせ

塩釜税務署では、所得税(譲渡所得を含む)、消費税および地方消費税、贈与税の確定申告書作成会場を「マリンゲート塩釜3階マリンホール」に開設しております。

詳しくは、確定申告のお知らせ(税務署からのお知らせのページ)をご覧ください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民経済部税務課市民税係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:151~153)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?