ホーム > 地域づくり・市民活動 > 男女共同参画社会

ここから本文です。

更新日:2016年7月6日

男女共同参画社会

男女共同参画社会の推進はなぜ必要なのでしょう?

少子高齢化による人口構造の変化や団塊世代の大量退職など、社会全体が大きな転換期を迎える中、地域社会がより豊かで活力あるためには、その地域で暮らす人が個性と能力を十分に発揮し、生き生きと暮らし、喜びと責任を分かち合えることが必要です。

男女共同参画社会の推進は、そのような豊かで暮らしやすい地域づくりに貢献するとても大切な取組です。

男女共同参画社会の実現に向けて

人は誰でも人として尊重され、人間らしく生きる権利を持っています。これは、性別に関わりなく全ての人に与えられた権利です。

我が国では、日本国憲法に「個人の人権」や「法の下の平等」がうたわれ、男女平等の実現に向けて様々な取り組みが進められてきました。その結果、法律や制度上での男女平等は大きく前進しました。

しかし、いまだに人々の意識や行動、社会の慣習の中には、女性に対する差別や偏見、男女の固定的な役割に対する考え方が残っています。

私たちが何かを決めたり、選んだりするとき、「男だから、女だから」という考え方に影響されることがあることは、個人の多様な生き方を阻害していることになります。

性別によって役割や生き方を分けるのではなく、あらゆる場面で男女がともに力をあわせ、活動できる地域社会を実現するためには、みなさん一人ひとりの行動や取り組みが大きな力となります。

男女がともに個人として尊重され、充実した人生を送るためにみなさんができること、家庭や職場、学校や地域など身近な暮らしのなかで、一つずつ実践していきましょう。

実施事業

過去に実施された事業については、「男女共同参画社会実施事業」をご覧ください。

女性のスキルアップに関する情報は

関連情報を掲載したホームページへリンクしています。

相談窓口

ドメスティックバイオレンスやセクシャルハラスメントなど女性に関する相談窓口については、行政・税務・人権に関する相談をご覧ください。

第3次男女共同参画基本計画(内閣府)

男女共同参画社会基本法に基づく「第3次男女共同参画基本計画」が策定されました。

少子高齢化の進展と人口減少社会の到来、家族や地域社会の変化、経済の長期的低迷と閉塞感の高まり、非正規労働者の増加と貧困・格差の拡大など社会情勢の変化や経済社会のグローバル化などに伴う課題を解決するためにも、男女共同参画社会の実現が必要不可欠であることから、実効性のあるアクション・プランとして策定されたものです。

基本計画の詳しい内容は、内閣府男女共同参画局のホームページ(外部サイトへリンク)に掲載されておりますので、そちらをご参照ください。

宮城県および多賀城市の男女共同参画に関する計画

宮城県および多賀城市の男女共同参画に関する計画は、それぞれ以下のとおり策定されておりますので、そちらをご参照ください。

宮城県男女共同参画基本計画(第2次)

多賀城市男女共同参画推進計画『史都賀城さしさ共生プラン』

男女共同参画関連用語

よくある質問

お問い合わせ

総務部地域コミュニティ課市民活動推進係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:251~253)

ファクス:022-368-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?