ホーム > 子育て・教育 > 教育事業 > 防災キャンプによる地域教育力向上事業

ここから本文です。

更新日:2017年2月23日

防災キャンプによる地域教育力向上事業

事業のねらい

防災キャンプをとおして、災害時においても主体的に対応できる逞しい青少年の育成をするとともに、地域防災力の基盤となるコミュニティの醸成を図る。

平成28年度の取組の様子

 

kyuumei

救命法講習

(心臓マッサージ)

jieitai

人命救助資器材操法体験

(多賀城駐屯地での活動)

baruun

防災資材組立体験

(バルーン投光器)

kumitate

防災資材組立体験

(テント・パーテーション・簡易トイレ)

jissyuu

防災対策実習

(津波到たつ地点のマーキング)

wa-kusyoppu

ワークショップ

(多賀城市を災害から守るヒーロー制作)

実施期間

平成28年8月5日~6日

場所

大代地区公民館

参加対象・人数

多賀城東小学校児童(4年生~6年生)22名

運営スタッフ

公民館職員、多賀城高校生徒、生涯学習課職員

協力団体など

大代地区コミュニティ推進協議会、大代地区防災対策協議会、大代婦人防火クラブ
多賀城消防署、陸上自衛隊多賀城駐屯地、ワークショップ講師

実施プログラム

平成28年度プログラム(PDF:38KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局生涯学習課社会教育係

 〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号

電話番号:022-368-1141(内線:542・543)

ファクス:022-309-2460

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?